おいしく減塩を続けよう。まずはマイナス1グラム。

減塩が必要な理由

減塩

血液の塩分濃度は一定に保たれており、食塩を多く摂ると血液中の塩分濃度が高くなります。

そうすると、体はその濃度を薄めるために血液量を増やし、心臓は強い力で全身に血液を送り出すため、血圧が上がってしまいます(高血圧)。

高血圧の状態が続くと、血管内壁が傷つき、動脈硬化を進め、脳卒中・心臓病・腎臓病になる恐れがあり、健康寿命に大きく影響します。

健康な血管を守るために「減塩」を実践しましょう。

おいしく減塩を続けよう。まずはマイナス1グラム。

長野県民の1日あたりの食塩摂取量の平均値は、男性11.3g、女性9.8g(令和元年度県民健康栄養調査結果より)で、男女ともに約9割が塩分を取り過ぎています。

駒ヶ根市では、高血圧にならないように、「まずはマイナス1グラム。自分に合う方法で、おいしく減塩を続ける。」ことを呼びかけています。

 

生活習慣病予防のための食塩摂取目標量

生活習慣病予防のための食塩摂取目標量

男性7.5g未満、女性6.5g未満

(食事摂取基準2020年版)

 

食材を買う時、作る時、食べる時、減塩を心がけよう。

減塩を長く続けるには、食事をおいしく、楽しむことがコツです。日本高血圧学会では、美味しい減塩食品の普及を目的に「減塩食品リスト」をホームページに掲載しています。

減塩のコツ

市のクックパッドで減塩レシピを確認

駒ヶ根市では減塩レシピを「クックパッド駒ヶ根市公式キッチン」に載せています。

ご家庭で参考にしてください。 

毎月17日は減塩の日

良塩

日本高血圧学会では毎月17日を「減塩の日」とし、「良塩くん」(同学会の公式認定キャラクター)を活用し減塩啓発活動を続けています。

高血圧患者さんはもとより、高血圧の予防、その他の疾病予防のため、減塩に取り組みましょう。

 

この記事に関するお問い合わせ先

地域保健課 健康長寿係

〒399-4192
長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
電話 0265-83-2111(代表) 内線334
ファックス 0265-83-8590
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2021年10月21日