都市再生整備計画

目的

都市再生整備計画事業(旧まちづくり交付金)は、地域の歴史・文化・自然環境などの特性を活かした個性あふれるまちづくりを実施し、都市の再生を効率的に推進することにより、地域住民の生活の質の向上と、地域経済・社会の活性化を図るため平成16年度に創設された制度です。

(注意)まちづくり交付金は、平成22年度より社会資本整備総合交付金に統合され、同交付金の基幹事業である「都市再生整備計画事業」として位置づけられています。

制度の特徴

市町村が作成した都市再生整備計画に基づいて実施される事業に対して交付金を交付する制度であり、従来の補助事業に比べ、市町村の自主性・裁量性が大幅に向上することから、地域の創意工夫を活かした総合的・一体的なまちづくりを進めることが可能となります。

駒ヶ根市の取り組み

事業実施地区
地区名 事業期間 都市再生整備計画
竜西地区 平成22年度〜平成25年度 都市再生整備計画(竜西地区)第6回変更(PDF:803KB)
竜東彩構築地区 平成22年度〜平成26年度 都市再生整備計画(竜東彩構築地区)第4回変更(PDF:639.8KB)
赤穂地区 平成26年度〜平成29年度 都市再生整備計画(赤穂地区)第3回変更(PDF:1.5MB)
賑わいの都市部エリア地区 平成26年度〜令和1年度 都市再生整備計画(賑わいの都市部エリア地区)第3回変更【都市再構築戦略事業】(PDF:1004.4KB)

事後評価について

都市再生整備計画事業」では、交付最終年度又は、その翌年度に事後評価を実施します。

事後評価は、「都市再生整備計画」に定める目標の達成状況を確認するとともに、「都市再生整備計画事業」がもたらした成果等を客観的に分析し、今後のまちづくりを適正な方向に導くことを目的としています。また、事後評価の時点で事業の成果を表す指標の測定が出来なかった地区については、「フォローアップ」を実施します。

事業完了地区
地区名 事業期間 事後評価とフォローアップ
竜西地区 平成22年度~平成25年度 事後評価(竜西地区)(PDF:432.9KB)
フォローアップ(竜西地区)(PDF:225.7KB)
竜東彩構築地区 平成22年度~平成26年度 事後評価(竜東彩構築地区)(PDF:444.6KB)
赤穂地区 平成26年度~平成29年度

事後評価(赤穂地区)(PDF:542.7KB)

フォローアップ報告書(赤穂地区)(PDF:1.1MB)

 

この記事に関するお問い合わせ先
企画振興課 企画調整係

〒399-4192
長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
電話 0265-83-2111(代表) 内線241
ファックス 0265-83-4348


お問い合わせフォームはこちら

更新日:2021年11月04日