成年年齢引下げ後の成人式

平成30年6月に成立した民法の一部を改正する法律により、令和4年4月1日から民法上の成年年齢が20歳から18歳に引き下げられます。
成年年齢引下げ後の駒ヶ根市成人式について、次のとおり方針を決定しました。

令和4年度以降の成人式の在り方等に関する検討経過

令和2年度に、国の「成人式の時期や在り方等に関する報告書」や県内18市の状況等をもとに、市教育委員、市社会教育委員、令和2年度成人式実行委員の皆さんから「対象年齢・名称・実施時期」についてご意見等お聞きしました。

成年年齢引下げ後の駒ヶ根市成人式の在り方等

成人式の在り方詳細
対象年齢

満20歳から21歳(現行どおり)

【理由】

  • 対象年齢を18歳にした場合、大学受験や就職に向けた進路選択の大切な時期と重なるため、配慮が必要であること。
  • 対象年齢を19歳にした場合、進学、就職してから間もない時期であり、不安定な時期であること。
  • 2年から3年地元や友達と離れてから再会し、情報交換や交流する中で、故郷の良さや友達の大切を改めて実感してもらうことで、駒ヶ根へ戻ってきてもらう機会とするため。
実施日 8月15日
名称 二十歳を祝う会

令和4年度以降も全国自治体の動向を見ながら、対象年齢について検討していきます。

この記事に関するお問い合わせ先
社会教育課 文化係

〒399-4192
長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
電話 0265-83-2111(代表) 内線721
ファックス 0265-83-2181
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2022年04月08日