がん検診後の行動があなたの健康を守ります

低い精密検査の受診率

各種がん検診を受けた後、精密検査の通知が届いても、次のような理由で再受診せずに放置している方はいませんか。

  • 忙しくて時間が取れない
  • 毎回精密検査になって受診するが、「異常なし」だから大丈夫

令和2年度、市がん検診の精密検査受診率は、一番低いもので69・3%でした。本来は、100%を目指す値ですが、一定数の方が精密検査を受けていないことが分かります【下表】。

令和2年度市がん検診 精密検査受診率(令和3年8月時点)
検診の種類 精密検査受診率(%)
肺がん胸部レントゲン 100.0
子宮けいがん 89.6
乳がんマンモグラフィー 88.8
胃がん 75.0
大腸がん 69.3

検診後の行動こそが大切

早期のがんは、ほとんど自覚症状がないため、検診で見つけるしかありません。早期がんであれば、治せる可能性は非常に高くなります。また、早期に治療ができれば、身体的負担や経済的負担も軽くなります。

精密検査の通知が届いても、「症状がない」「健康だから大丈夫」と言って精密検査を受けないと、知らず知らずのうちにがんを放置してしまう可能性があります。また、毎回精密検査になる方は、検診ではなく、かかりつけの医療機関へ相談することをお勧めします。

忙しいからと精密検査を後回しにせず、自分の健康を守るために検査を受ける時間をつくりましょう。検診後の行動こそが、あなたの健康を守る鍵です。

この記事に関するお問い合わせ先

地域保健課 健康長寿係

〒399-4192
長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
電話 0265-83-2111(代表) 内線334
ファックス 0265-83-8590
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2021年09月22日