住宅用太陽光発電の固定価格買取期間満了に伴う注意点

国による太陽光発電余剰電力の買取制度(2009年開始)は、固定価格での買取期間が10年のため、2019年11月以降、順次満了を迎えています。

満了を迎える方には、電力会社から満了通知が届きます。

満了に伴う注意点や問い合わせ先は、以下のとおりです。ご確認ください。

買取期間終了後の選択肢

買取期間終了後は、自家消費するか、相対・自由契約で余剰電力を売電するかを選択する必要があります。

誤った情報や不審電話等には注意

買取期間の満了に伴い、契約変更や売電に関する勧誘・セールス、不審電話等が増加する可能性がありますので、ご注意ください。
 

問い合わせ先

さらに詳しい情報は、以下の経済産業省資源エネルギー庁のホームページをご覧いただくか、相談窓口への連絡をお願いします。

問い合わせ先等
ホームページ 住宅太陽光発電設備の買取期間満了に関する情報サイト(外部サイト)
相談窓口 電話番号 0570-057-333
受付時間 平日午前9時~午後6時(土日祝日、年末年始を除く)
この記事に関するお問い合わせ先
生活環境課 環境保全係

〒399-4192
長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
電話 0265-83-2111(代表) 内線541
ファックス 0265-83-1278
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2020年01月16日