住民票などを代理人が取得した際の本人通知制度

本人通知制度とは

 本人通知制度は、住民票の写し等の証明書を、本人から委任を受けた代理人(委任状を持参)に交付した場合に、本人にその事実を通知する制度です。

本人通知制度の目的

 委任状の偽造等による住民票の写し等の不正請求及び不正取得を抑止することを目的とします。

本人通知開始日

平成25年10月1日(火曜日)から

本人通知の対象となる証明書

  • 住民票の写し
  • 住民票に記載をした事項に関する証明書
  • 戸籍の附表の写し
  • 消除された住民票の写し
  • 消除された住民票に記載をした事項に関する証明書
  • 消除された戸籍の附表の写し
  • 戸籍の謄本又は抄本
  • 戸籍に記載した事項に関する証明書
  • 除かれた戸籍の謄本又は抄本
  • 除かれた戸籍に記載した事項に関する証明書
  • 磁気ディスクをもって調製された戸籍又は除かれた戸籍に記録されている事項の全部又は一部を証明した書面

通知する内容

 委任状を用いた申請に対して交付した事例のうち、任意の方法により抽出したものについて、次の事項を本人に通知します。

  • 交付した年月日
  • 交付したものの種別
  • 交付した通数

本人通知制度の流れ

  1. 委任者である本人は、代理人に住民票の写し等の証明書の取得を委任します(委任状を作成)。
  2. 代理人は、交付申請書を記入し、委任状と併せて市の窓口に交付申請をします。
  3. 市は、申請書及び委任状の内容を確認したうえで、証明書を交付します。
  4. 本人は、委任した代理人から証明書を受け取ります。
  5. 市は、任意の方法により抽出したものについて、交付した事実を「住民票の写し等交付通知書」の送付にて本人に通知します。
  6. 委任した事実に覚えがない等の場合は、委任者本人は、駒ヶ根市個人情報保護条例に基づき、市に情報開示請求をすることができます。
この記事に関するお問い合わせ先

市民課 市民係

〒399-4192
長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
電話 0265-83-2111(代表) 内線325
ファックス 0265-83-1278
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2019年08月01日