信州駒ヶ根ハーフマラソン

2つのアルプスや田園風景などの風光明媚な大自然・心からの「おもてなし」

「走る人」「応援する人」「支える人」すべての人が一体となれる大会です

開催日

例年9月の最終日曜日 (大会実行委員会にて最終決定します)

令和4年度(第9回)は9月25日(日曜日)

種目

ハーフマラソン 21.0975キロメートル(高校生以上)の部門
男子 女子
高校生~29歳以下 高校生~29歳以下
30~39歳以下 30~39歳以下
40~49歳以下 40~49歳以下
50~59歳以下 50~59歳以下
60~69歳以下 60~69歳以下
70歳以上 70歳以上
5キロメートル(中学生以上)の部門
男子 女子
中学生~29歳以下 中学生~29歳以下
30~39歳以下 30~39歳以下
40~49歳以下 40~49歳以下
50~59歳以下 50~59歳以下
60~69歳以下 60~69歳以下
70歳以上 70歳以上
3キロメートル(小学生のみ)の部門
男子 女子
1~3年生 1~3年生
4~6年生 4~6年生

参加料と定員

参加料一覧(令和4年度)
ハーフマラソン 6,000円
5キロメートル 3,500円
3キロメートル 500円

参加料は年度により変更となる場合があります。

定員一覧
ハーフマラソン 2,800人
5キロメートル 800人
3キロメートル 400人

 

申し込み方法

インターネットまたは郵便振替

大会のポイント

【ポイント1】コースはきつい坂道が多いコース

秋の風や応援、景色を堪能しながら走るアップダウンが多いハーフマラソンコース(最大高低差120メートル)。タイムを縮めるポイントは、17キロメートル以降の厳しい登り坂をどう攻略するかです。

【ポイント2】信州駒ヶ根ハーフマラソン名物2つの挑戦

コース8キロメートル過ぎに、きつい上り下りが連続する区間「アップダウンヒルトライアル区間」を設定。ゴールタイムのほかに、アップダウンヒル区間のみの通過タイムも表彰します。

【ポイント3】当日の受け付けはありません

ナンバーカードセットは事前に送付します。大会当日は受け付けの時間などを心配をすることなく、レースに集中できます。

(注意)新型コロナウイルス感染症対策のため、体調チェックシートを提出いただく予定です。

【ポイント4】質にこだわる参加賞

本大会参加賞のバスタオルは質にこだわりました(一流スポーツメーカー製)。近年は「バスタオルだけでもほしい」という声をいただくほどです。

【ポイント5】市民総出でまごころ込めておもてなし

コース上では手打ちそばや地元産フルーツなどの給食をご用意します。レース後は地元メーカーのカレーを無料で振る舞います。

(注意)新型コロナウイルス感染症対策の為、中止となる場合があります。

【ポイント6】10人に1人はラッキー賞

ゴール後、該当のランナーには素敵なプレゼントをご用意しています。また、遠来賞や高齢者賞の表彰もあります。

コースマップ

マラソン コースマップ

大会特設サイト

詳しい内容は大会特設サイトをご覧ください。

日本スポーツ振興センターの支援を受け開催しています

信州駒ヶ根ハーフマラソンは、JSC(日本スポーツ振興センター)のスポーツ振興くじ助成を利用して開催しています。JSC・スポーツ振興くじ助成の詳細はホームページから確認してください。

スポーツくじのロゴ
この記事に関するお問い合わせ先
社会教育課 スポーツ振興係

〒399-4192
長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
電話 0265-83-2111(代表) 内線724
ファックス 0265-83-2181
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2022年05月30日