郷土館(旧市役所庁舎)

各施設共通の利用条件により開館しています。

郷土館の外観写真

駒ヶ根市郷土館は、県内にも数少ない大正期の洋風建築で、駒ヶ根市役所の旧庁舎です。昭和46年秋に庁舎新築に伴い、庁舎の代表的な部分を現在地に移築し、郷土館として保存するとともに、民俗文化財等の展示や、各種イベント会場として活用されています。

旧庁舎は大正11年10月に、旧赤穂村役場として、当市出身の伊藤文四郎工学博士の設計により建築されました。開拓期の米国で発達した近世コロニアル様式をとり入れ、内部の装飾に近世ルネッサンス式を加味し、当時の役場としては斬新で豪華なものでした。

木造一部2階建とし、建築面積は421.58平方メートルで、屋根は桟鉄板葺寄棟造で、正面玄関、ベランダが付いています。規模は桁行側面30.90m、梁行側面13.17mで、外部は白漆喰仕上であり、内部は一部土間、他は敷石と板張となっています。

郷土館の詳細
所在地 駒ヶ根市赤穂24番地(北割二区)
所有者 駒ヶ根市
市文化財指定 昭和51年3月30日
開館時間 午前9時~午後5時
休館日 月曜日、年末年始(12月29日~1月3日)
(月曜日が祝日の場合は翌日休館)
観覧料 無料
お問い合わせ 0265-83-5011

 

地図

この記事に関するお問い合わせ先
社会教育課 文化係

〒399-4192
長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
電話 0265-83-2111(代表) 内線721
ファックス 0265-83-2181
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2022年02月18日