ぱくぱく はんぶん

ぱくぱく はんぶん

文/渡辺 鉄太 絵/南 伸坊  出版/福音館書店

おばあさんが、大きなケーキを焼きました。そして、出かける前に食いしん坊のおじいさんに言いました。「ケーキは全部食べたらいけないよ。はんぶん残しといてね。わたしも後で食べるんだから」。
おじいさんは「ああ、もちろん もちろん」と、“ぱくぱく はんぶん”ケーキを食べました。そこへ犬のジョンがやってきて“ぱくぱく はんぶん”ケーキを食べました。それから猫、めんどり、リス、カマキリ、ミツバチがやってきて、みんな“ぱくぱく はんぶん”ケーキを食べました。
戻ってきたおばあさんは、目が真ん丸です。みんなが声をそろえて「ちゃんとはんぶん残したよ」と言うけれど、残りのケーキがあまりに小さくて、おばあさんは怒ってしまいました。叱られたみんなも、しょんぼり。そこでみんなは、おばあさんのために“あること”をしました。
テンポの良い文章と、とぼけた表情の絵の組み合わせが絶妙で、読み聞かせてもらうと、より楽しさが増す絵本です。
この記事に関するお問い合わせ先
子ども課 教育総務係

〒399-4192
長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
電話 0265-83-2111(代表) 内線717
ファックス 0265-83-2181
お問い合わせフォームはこちら