皇帝にもらった花のたね

皇帝にもらった花のたね

(作・絵)デミ、(訳)武本 佳奈絵、(出版)徳間書店

むかし、花を愛する皇帝がお世継ぎを選ぶことになりました。皇帝は国中の子どもたちに花のたねを渡して、「これを大切に育てて、一年後見せに来るように」といいました。その花を見て選ぶというのです。

花の大好きなピンという男の子もたねをもらうと、丁寧に土にまき、毎日水をやり、それはそれは大切に世話をしました。それなのに、なぜかこのたねからは芽が出てきません。

とうとう一年がたち、約束の日、ほかのみんなは見事にさいた花の鉢をかかえて得意そう。どの花もそれぞれ美しく咲いています。ところが皇帝はどの花を見てもまゆをひそめ、じっとだまっています。そんな中、ピンが芽の出ていない鉢をしっかりとかかえてうつむいているのを見つけると、皇帝の顔にゆっくり笑みがひろがっていくのでした。そして「皇帝にふさわしいこを、やっとみつけたぞ」とみんなに告げたのです。

皇帝にふさわしいこの条件とは・・・。きれいで緻密(ちみつ)な絵もお楽しみください。

この記事に関するお問い合わせ先
子ども課 教育総務係

〒399-4192
長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
電話 0265-83-2111(代表) 内線717
ファックス 0265-83-2181
お問い合わせフォームはこちら