もうすぐおしょうがつ

もうすぐおしょうがつ

(作)西村 繁男、(出版)福音館書店

ひろくんとゆうちゃんは、お正月休みにおじいさんとおばあさんの家に出掛けました。久しぶりの再会でみんなうれしそうです。

そして着いた次の日から、家族みんなで年越しの準備を始めました。まずは大掃除、そして臼と杵を使って餅をつき、それからお買い物に出掛けて、おせち料理の準備をします。しめ飾りを飾って、お風呂に入って体をきれいにしたら、みんなそろって年越しそばを食べて除夜の鐘を聞き、新しい年を迎えるのです。

今ではあまり見られなくなった障子貼りや餅つきの景色。また、買い物客でにぎわう市場の風景など、古き良き日本の年越しの様子が、細かいところまで描かれた絵と丁寧な文章で編まれています。

大人は懐かしさを感じながら、お子さんは初めて見るかもしれない年越しの様子が、親子で楽しめる絵本です。

皆さん、良いお年をお迎えください

この記事に関するお問い合わせ先
子ども課 教育総務係

〒399-4192
長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
電話 0265-83-2111(代表) 内線717
ファックス 0265-83-2181
お問い合わせフォームはこちら