プレミアム付応援券「こまPay」取扱事業者募集【 6月2日(水曜日)まで】

新型コロナ感染拡大によって影響を受ける市内事業者支援の一つとして、市では、今年7月上旬から過去最大規模となる発行総額3億円の「プレミアム付応援券(こまPay)」の発売を予定しています。

今回は、新たに「飲食専用券」を発行し、昨年同様、紙とデジタルの2つの方法で販売を行います。

取り扱いを希望する事業者の方は、以下の方法で、ご登録ください。

応援券の概要

応援券の概要
発行総額

3億円(販売総額:2億4千万円、プレミアム分:6,000万円)

券種

以下の3種類の券を、10,000円で販売。

  • 地域専用券 1セット12,000円分(1,000円券12枚)
  • 全店共通券 1セット12,000円分(1,000円券12枚)
  • 飲食専用券 1セット14,000円分(1,000円券14枚)

なお、券種の違いは、以下の通り。

  • 地域専用券は、中小規模店で利用可、大型店利用不可。
  • 全店共通券は、大型店を含む全ての登録店舗で利用可。
  • 飲食専用券は、主たる業種が「飲食店業」の事業者のみ登録可。
販売方法

デジタルと紙の2つの方法で販売

発行セット数

合計24,000セット

【デジタル】地域券7,800セット、全店券3,000セット、飲食券3,600セット

【紙】地域券5,200セット、全店券2,000セット、飲食券2,400セット

購入限度

一人あたり地域券2セット、全店券1セット、飲食券1セットまで、合計4セットまで購入可。

利用期間

【デジタル応援券(LINE)】
令和3年7月3日(土曜日)~令和3年10月31日(日曜日)

【紙応援券】
令和3年7月26日(月曜日)~令和3年10月31日(日曜日)

(注意)新型コロナ感染拡大の状況に応じて、期間を変更する場合あり。

販売対象者

駒ヶ根市内に住所のある18歳以上の方(高校生除く、年齢は令和3年7月3日現在)

 

対象業種

飲食業、小売業、生活関連サービス業、観光・宿泊業など(特に業種は問いません)

応援券の利用対象とならないもの

  • 国や地方公共団体等への支払い(税金・水道等の公共料金)
  • 換金性の高いものの購入(有価証券、商品券、ビール券、図書カード、切手、印紙、プリペイドカード等)や、電子マネーへのチャージ
  • 現金との換金、金融機関への預け入れ
  • 土地・家屋の購入、家賃・地代・駐車料等の不動産に関わる支払い、金融商品(株券、先物、保険、宝くじ等)の購入
  • たばこ事業法に規定する製造たばこの購入
  • 娯楽施設への支払い
  • 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条第5項に規定する性風俗関連特殊営業を行っている事業者への支払い
  • 特定の宗教・政治団体と関わるものや公序良俗に反するもの
  • その他、事業の趣旨にそぐわないもの

登録資格

以下3つの要件すべてを満たす事業者が登録できます。

登録資格
要件1

以下のいずれかの事業者。 

  1. 駒ヶ根商工会議所会員
  2. 駒ヶ根市内に店舗のある事業者

 (注意)上記2の事業者は、本社・本店が市内にある事業者のみ対象。

要件2

県が推進する「新型コロナ対策推進宣言の店」に取り組み、店頭にポスターやステッカーを掲示している事業者。

(注意)応援券販売日(7月3日)までに取り組みを始める事業者も含む。

要件3

今回販売するデジタル商品券、紙商品券の両方を取り扱うことを承諾する事業者。

(注意)お客様の利便性を考慮し、紙応援券だけの取り扱いはできません。

事業者負担

今回の応援券の取り扱いに関して、事業者の費用負担はありません。

  • 取扱事業者の登録手数料は無料です。
  • デジタル応援券取り扱いのための機器導入や手数料等は不要です。
  • 換金手数料は無料です。

事業者向け説明会

説明会日程等
対象者
  • こまPay事業への登録が初めての事業者
  • 希望者(改めて内容や使い方などを確認したい方)
日時

【第1回】令和3年5月26日(水曜日)午後2時~

【第2回】令和3年5月26日(水曜日)午後7時~

場所

駒ヶ根駅前ビル「アルパ」多目的ホール(3階)

内容

事業概要の説明、デジタル応援券の操作実演、事業者登録方法の説明

申し込み

会場準備の都合上、5月24日(月曜日)までに、市商工観光課へお申し込みください(1事業者につき複数名の参加も可)。

申し込みの際は、以下の情報を確認させていただきます。

  • 事業者名
  • 参加希望日時
  • 参加人数
  • 連絡先電話番号
注意

こまPay事業へ初めて登録される方を除き、今回は、説明会への参加を必須条件としていません。応援券事業への登録を希望される場合には、以下の募集要項を十分に確認した上で、登録申請をお願いします。

 

換金方法

口座振り込み(週1回)

  • デジタル応援券の場合は、換金手続きは必要ありません。応援券利用額を、毎週指定口座に振り込みます。
  • 紙応援券の場合は、駒ヶ根商工会議所へ持ち込んでください。上記同様、毎週振り込みます。

デジタル協力店

高齢者や初めての方などでも安心してデジタル応援券を利用していただくため、デジタル応援券の利用時に、店舗でお客様の操作等を丁寧にサポートしていただける事業者を「デジタル協力店」として登録し、チラシやホームページ等で周知させていただきます。ご協力いただける方は、申請書に記入してください。

デジタル応援券の概要

  • お客様が、レジに設置されたQRコードをスマホで読み込み、スマホ上で応援券の利用額を指定します。お店では、その利用が正しく操作されることを確認してください。
  • LINE Payではなく、LINE上で動作する応援券専用システムとなります。
  • 利用は、紙応援券に合わせて1,000円単位となり、不足額は現金等で支払っていただく形になります。

募集要項

その他の詳しい内容は、以下の募集要項等をご覧ください。

登録方法

登録申請書に所定の事項を記入の上、市商工観光課へ提出してください。

事業者登録 申請期限(一次締め切り)

令和3年6月2日(水曜日)必着

(注意)期限後に申請された場合、市報やチラシ等に掲載されないことや、応援券販売当日に店内掲示物等が間に合わないことがありますので、ご注意ください。

この記事に関するお問い合わせ先
商工観光課 商業係

〒399-4192
長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
電話 0265-83-2111(代表) 内線431
ファックス 0265-83-1278
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2021年05月12日