和信化学工業株式会社より企業版ふるさと納税(11月29日)

和信化学工業株式会社の長谷川社長(下段左から2人目)と駒ヶ根工場の竹上工場長(下段左端)と伊藤市長ら

和信化学工業株式会社の長谷川社長(下段左から2人目)と駒ヶ根工場の竹上工場長(下段左端)と伊藤市長ら

和信化学工業株式会社から、中央アルプス檜尾避難小屋改修に活用してほしいと、企業版ふるさと納税として300万円の寄付をいただきました。

静岡県に本社を置く同社は約100年の歴史を持つ塗料メーカーで、昭和56年には市内へ工場を新設。駒ヶ根から世界へ商品を送り出しています。また、工場では積極的な地元採用を行っており、市内在住の方も多く雇用されています。

長谷川隆代表取締役社長は、「地域や企業の発展にと協力させてもらった。中央アルプスに訪れる人が増え、産業の活性化に少しでもつながれば」と話しました。伊藤市長は、「いただいた寄付は有効に使い、檜尾避難小屋を多くの皆さんに利用してもらえるよう努力したい」と支援に感謝しました。

檜尾避難小屋は増改築工事を完了し、来年7月にオープン予定です。

この記事に関するお問い合わせ先
総務課 秘書広報室

〒399-4192
長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
電話 0265-83-2111(代表) 内線262
ファックス 0265-83-4348
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2021年12月07日