新型コロナワクチン接種証明

12月20日から接種証明書(ワクチンパスポート)が新しくなりました

主な変更点は以下のとおりです。

  1. 従来の「海外用」に加えて、主に国内での利用を想定した「国内用」の接種証明書が発行可能になりました。
  2. 「書面」による接種証明書の発行に加えて、お手持ちのスマートフォンで申請する「電子版」接種証明書が発行可能になりました。

詳細は、以下の厚生労働省のホームページでご確認ください。

接種証明書(電子版)の発行

お手持ちのスマートフォンから専用アプリをダウンロードして申請できます。

接種証明書(電子版)の申請に必要なもの

  • スマートフォン(注釈1)
  • マイナンバーカード
  • 券面事項入力補助APの4桁の暗証番号(注釈2)
  • <海外用の場合>旅券(パスポート)

(注釈1)マイナンバーカードが読み取れる端末(NFC Type B 対応端末)でiOS 13.7以上又はAndroid OS 8.0以上
(注釈2)利用者がマイナンバーカードを窓口で受け取った際に設定した4桁の数字(入力を3回間違えるとロックがかかります。忘れてしまった場合やロックがかかってしまった場合は、市民課での再設定が必要です。)

アプリのダウンロード

申請をするためのアプリケーションは、以下のホームページからお持ちのスマートフォンで取得してください。

マイナンバーカードをお持ちでない方

マイナンバーカードの作成は市民課で申請を受け付けています。

詳細は、以下のページをご覧ください。

接種証明書(書面)の発行

郵送または窓口での申請により受け付けます。次の書類を添付して申請してください。

接種証明書(日本国内用)

接種証明書(日本国内用)

接種証明書(海外用及び日本国内用)

接種証明書(海外用及び日本国内用)

【日本国内用との違い】旅券番号・国籍等のパスポート情報、海外用QRコードが記載されています。

申請に必要なもの(日本国内用)

  • 交付申請書
  • 接種券(接種済証)または接種記録書の写し
  • 本人確認書類の写し(氏名と住所が記載された物。運転免許証、健康保険証等)
  • <郵送の場合>返信用封筒(切手を貼付し本人確認書類と同一の住所を記載)

申請に必要なもの(海外用及び日本国内用)

  • 交付申請書
  • 接種券(接種済証)または接種記録書の写し
  • 旅券(パスポート)の写し
  • <郵送の場合>返信用封筒(切手を貼付し本人確認書類と同一の住所を記載)

注意1:旅券に旧姓・別姓・別名等の記載がある場合は、旧姓・別姓・別名等が確認できる書類の写しを添付してください。(例:旧姓併記のマイナンバーカード)

交付申請書様式

 

お手元の予防接種済証も今までどおり証明として使えます

新型コロナウイルスワクチンを2回接種したことを証明する「予防接種済証」は、接種クーポン券の右下にあります。

日本国内では、「予防接種済証」または「接種記録書」をワクチン接種の証明として利用することができます。接種したことを証明する書類が必要な方は、こちらもご活用ください。

また、紛失してしまった方は再発行ができますので、地域保健課ワクチン接種対策室までご連絡ください。

予防接種済証

外国人(がいこくじん)の方(かた)へ

海外(かいがい)に行(い)くときなどに必要(ひつよう)な証明(しょうめい)について、英語(えいご)での説明(せつめい)を下(した)のURLで見(み)ることができます。

この記事に関するお問い合わせ先

地域保健課 ワクチン接種対策室

〒399-4192
長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
電話 0265-83-2111(代表)内線382
ファックス 0265-83-8590

お問い合わせフォームはこちら

更新日:2021年12月20日