新型コロナ抗原簡易キットの配布

新型コロナ抗原簡易キットの配布は、終了しました。


 

令和4年3月31日までに県外との往来の予定のある方と、県外からの来訪者と接する機会のある方を対象に、県の「抗原簡易キットを活用した陽性者の早期発見促進事業」に基づき抗原簡易キットの配布を行います。

配布には予約が必要ですので、期限までに申し込みをお願いします。

申込期限
申込期限 令和3年10月22日(金曜日)必着

 

対象者

次の1~3の全てに該当し、配布を希望する方が対象です。

申し込みは、一人1回としてください。家族分を申し込む場合も、各個人のお名前で申し込んでください。

対象者詳細
1 年度内に仕事、受験、帰省、冠婚葬祭等で県外との往来の予定がある方、または県外からの来訪者と接する機会がある方
2

駒ヶ根市に居住する平成21年4月1日以前生まれの方(中学生以上)

  • 市に住民票がなくても、学生、単身赴任等で市内に住んでいる方も対象
  • 駒ヶ根市に実家があり、帰省する方も対象
3 キットを使用したとき、陽性、陰性にかかわらず翌日までに駒ヶ根市に報告できる方(注釈)

 

申し込み方法

次のいずれかの方法で申し込んでください。

インターネットで申し込む

【受信設定の確認を】

スマートフォンや携帯電話で申し込む場合は、「@city.komagane.nagano.jp」からのメールを受信できるよう設定してください。

申込書(紙)で申し込む

郵送か窓口(市役所、中沢支所、東伊那支所、市民サービスコーナー)に申込書を提出してください。

発送スケジュール

10月中に配布の決定をし、発送します。なお、配布決定から漏れた方への通知はしませんので、ご了承ください。

申し込みが配布予定数を上回った場合

申し込みが県からの配布予定数(1,500人分)を超えた場合は、次に該当する方に優先して配布します。

  • 妊婦、高齢者または基礎疾患のある方
  • 妊婦、高齢者、基礎疾患のある人と同居している方
  • 11月中にコロナワクチン接種(2回)が済んでいない方
  • 同居人の中にワクチン未接種の人がいる方
  • 飲食店、宿泊業、理美容業のいずれかに従事している方

判定結果の報告

キットを使用した場合は、陽性、陰性の結果にかかわらず、次のいずれかの方法で翌日までに報告をお願いします。報告内容は市でとりまとめ、県へ報告します。

報告内容
報告内容 氏名、生年月日、使用年月日、結果(陰性、陽性、判定不能)

 

インターネットで報告 

電話で報告

地域保健課 健康長寿係

0265-83-2111(内線331)

判定が陽性であった場合

判定が陽性であった場合は、受診・相談センターへ相談してください。

受診・相談センター
伊那保健所 0265-76-6822(24時間受付)

 

抗原簡易キットについて

配布数

1人2個(1回限り)

キットは、富士レビオ株式会社の「エスプライン」です。

使用場面・注意事項

微熱やのどの違和感などの軽微な症状があるが、医療機関の受診に迷う場合に使用してください。無症状の場合、使用できません(感染していても結果が陰性となる可能性が高いため)。

また、判定が陰性であっても、新型コロナウイルス感染を否定するものではありませんので、ご了承ください。

詳細は、次の「抗原簡易キット実施フロー」でご確認ください。

保管方法

抗原簡易キットの使用までの間は、反応カセットの入ったアルミ袋は開封せず、直射日光を避け、1~30℃で保管してください。また、幼児の手の届かない場所に保管してください。

使用方法

各自、家庭において、綿棒で鼻腔をぬぐって検体を採取し、配布する抗原簡易キットで検査を行います。

使用にあたっては、必ず、「抗原簡易キットの使用方法」・メーカーのホームページに掲載されている使用方法の動画を確認し、正しい方法で検体採取、検査を実施してください。

使用済みキットの処分方法

使用済みの抗原簡易キットは、ビニール袋に入れて4日以上保管した後、「燃えるゴミ」として処分してください。回収業者等が直接手に触れることのないようご配慮ください。

注意事項

  1. 今回配布する抗原簡易キットは、「新型コロナウイルス感染症の体外診断用医薬品(検査キット)」として厚生労働省が承認したもので、発症から9日目までは有用とされています。微熱やのどの違和感などの軽微な症状がある等、医療機関受診に迷う場合に使用してください。
  2. 判定が陰性であっても、新型コロナウイルス感染を否定するものではありません。ウイルスの量が少ない場合や、鼻腔から採取した検体の粘度が高い場合、また検査の手順や手技が正しくない場合等には、偽陽性(実際は感染していないが陽性となる)や、偽陰性(実際は感染しているが陰性となる)が発生することがありますので、抗原簡易キットの結果のみで感染の有無を判断することはできません。
  3. 陰性であっても、偽陰性の可能性を考慮し、検査当日は通勤・通学は控え、自宅での待機をお願いします。症状が続く場合で抗原簡易キットがもう一つあるときは、翌日に再度検査手順を確認して検査を実施してください。
  4. 判定が「再検査」となった場合は、抗原簡易キットがもう一つあるときは再度検査をお願いします。
  5. 簡易検査キットの使用はあくまで自主的判断であり、検査や結果によって生じた損害については自己責任で対処してください。
  6. 法律に違反するおそれがありますので、抗原簡易キットを希望者本人以外の者に譲り渡したり(無償も含む)使用させたりしないでください。
この記事に関するお問い合わせ先

地域保健課 健康長寿係

〒399-4192
長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
電話 0265-83-2111(代表) 内線334
ファックス 0265-83-8590
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2021年10月25日