もしものくに

もしものくに

(作・絵)馬場のぼる、(出版)こぐま社

「もしも〇〇だったら、キミならどうする」 登場する12人の子どもたちのさまざまな想像に、共感したり笑ったり。ただそれだけの絵本なのですが、想像するってなんて自由なんだろう、と気付かされます。

「11ぴきのねこ」でおなじみの故・馬場のぼるさんの原画やアイデアが50年ぶりによみがえり、出版されたそうです。コロナ禍で好きなところに行けなくても、家から出られなくても、空想の世界ではどこへでも行くことができ、何にでもなることができます。

今こそポジティブな発想で、少しでも明るい気持ちになれる「もしものくに」を手に取って、みなさんもぜひ一緒に想像してみませんか。ひとりで、家族で、友だちで、いろいろな場面で楽しめる一冊です。

もしもこの本を読まなかったら・・・

この記事に関するお問い合わせ先
子ども課 教育総務係

〒399-4192
長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
電話 0265-83-2111(代表) 内線717
ファックス 0265-83-2181
お問い合わせフォームはこちら