とらと ほしがき

とらと ほしがき

(作・絵)パク・ジェヒョン、(訳)おおたけ きよみ、(出版)光村教育図書

昔、山奥に自分が一番強いと思っている1頭のトラが住んでいました。ある日、おなかが減ったトラは、山の麓にある小さな家にたどり着きます。そのとき、泣いている赤ん坊をあやす母親の声が聞こえてきました。「ぼうや、いいこね。泣くのはおよし。ぼうやの泣き声を聞いて、恐ろしいトラが来るわよ」。トラは、赤ん坊が怖がってすぐに泣き止むだろうと思っていたのに、泣き止まない赤ん坊にがっかりします。でも、そのすぐ後で、「ほしがき」を差し出された赤ん坊はピタッと泣き止んでしまうのです。

自分より強くて恐ろしい「ほしがき」と、鉢合わせする前に急いで山に逃げ帰ろうとするトラですが……

独特なタッチの絵がユーモラスなトラの表情を引き立てます。そして思わず笑ってしまう楽しい展開の韓国の昔話です。今年の干支(えと)である「トラ」の絵本を、家族みんなでぜひ楽しんでください。

この記事に関するお問い合わせ先
子ども課 教育総務係

〒399-4192
長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
電話 0265-83-2111(代表) 内線717
ファックス 0265-83-2181
お問い合わせフォームはこちら