新型コロナワクチンを接種される妊婦の皆さんへ

妊娠中、授乳中、妊娠を計画中の方も、ワクチンを接種することができます。日本で承認されている新型コロナワクチンが妊娠、胎児、母乳、生殖器に悪影響を及ぼすという報告はありません。妊娠中の時期を問わず、接種をおすすめします。

詳しくは、厚生労働省ホームページをご確認ください。

接種時の注意

新型コロナワクチンを接種される妊婦の皆さんに、安全に接種していただくため、次の2点をご確認ください。

接種前にかかりつけの産婦人科へ接種の可否を確認

接種前に、必ずかかりつけの産婦人科へ接種を行ってよいかを確認し、接種の許可を得てください。かかりつけ産婦人科医の許可がない場合、接種ができませんのでご注意ください。

集団接種会場には産婦人科医はいません。妊婦さんの体調もさまざまですので、あらかじめ接種の許可を得てください。

また、接種に関して不安なことや質問がある場合も、事前にかかりつけの産婦人科に確認をしてください。

母子手帳を持参してください

体調不良等の急変時に備え、接種する際は母子手帳をご持参ください。

なお、母子手帳に接種記録等は記載しません。接種済証は別に発行されますので大切に保管してください。

この記事に関するお問い合わせ先
子ども課 母子保健係

〒399-4192
長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
電話 0265-96-7725(直通)
ファックス 0265-83-4348
お問い合わせフォームはこちら