【市】新型コロナウイルス緊急対策資金

令和2年4月13日更新

資金創設の主旨

新型コロナウイルスの感染拡大により、市内においても飲食業や旅館業、サービス業など多くの業種に影響が及んでいます。

このような情勢を踏まえ、市では中小企業融資制度資金における新たな資金として「新型コロナウイルス緊急対策資金」を創設しました。この資金では、金融機関に支払う利子の全額を2年間補給し事業者の資金繰りを支援しています。

中小企業融資制度資金とは

中小企業融資制度資金とは、市が金融機関に預託し信用保証協会への保証料を負担することにより、金融機関から中小企業者に低利融資を行うことができる制度です。

資金の内容

資金の内容
融資対象者 新型コロナウイルスの影響を受けている中小企業者の方で、直近1カ月間、または直近3カ月間の売上高が前年同期と比べ10%以上減少している事業者の方
資金使途 運転資金
貸付限度額 2,000万円
貸付利率 年1.1%
返済方法 7年以内分割返済(据置期間1年以内)
担保 必要に応じて徴する
保証人 原則として法人代表者以外不要
信用保証料 市補助により事業者負担なし
取扱期間 令和2年3月23日より取り扱いを始めています。新型コロナウイルスによる影響が終息したと判断されたときまでの期間とします。
利子補給 補給期間:2年間
補給額:支払利子の全額

申し込み方法

市内の中小企業融資制度資金取り扱い金融機関の窓口にて事前にご相談いただき、お申し込みください。

  • アルプス中央信用金庫(赤穂営業部、赤穂東支店、南支店)
  • 八十二銀行(駒ヶ根支店)
  • 長野銀行(駒ヶ根支店)
  • 長野県信用組合(駒ヶ根支店)

様式ダウンロード

以下のページからご利用ください。

なお、本申請には、通常の市制度資金申し込み書類に加え、以下の確認書3部の添付が必要です。

  • (様式第16号)新型コロナウイルス緊急対策資金に関する確認書
この記事に関するお問い合わせ先
商工振興課 商業係

〒399-4192
長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
電話 0265-83-2111(代表) 内線431
ファックス 0265-83-1278
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2020年04月13日