お母さんの産後ケア費用を補助します

産後は、赤ちゃんが生まれて幸せに満ちた時期ですが、一方で夜ゆっくり眠れなかったり、ふと子育て不安になったりと、お母さん自身の心身に少し負担のかかる時期でもあります。

医療機関や助産院では、そうしたお母さんが赤ちゃんと一緒に過ごしながらリフレッシュできるサービスを提供しており、駒ヶ根市ではその費用の一部を補助しています。

補助を利用できる方

以下のすべてに当てはまる方が対象です。

  • 産後、お母さんの体の回復に不安があり、支援が必要な方
  • 子育てに不安のある方
  • 家族から子育ての支援を受けられない方(家族が遠方に住んでいるなど)

なお、宿泊型、日帰り(デイケア)型ともに生後1歳未満のお子さん持つお母さんが対象です。

補助が受けられる期間

宿泊、日帰りともに7日間
(お母さんやお子さんの状況によって、引き続き宿泊が必要と認められる場合は最長14日間利用できます)

補助対象サービス

  • お母さんの体の管理、生活面の支援
  • 乳房マッサージなど
  • 赤ちゃんの入浴のやり方や、授乳のコツを学ぶ

補助費用

宿泊型

1泊2日の費用の7割を市が補助(上限35,000円)。
自己負担額は、1泊2日で約15,000円(1泊ごとに7,500円増)となります。

日帰り型

3~4時間未満または6時間滞在の費用の7割を市が補助(上限9,800円)。
自己負担額は、約2,500~5,500円となります。

(注意1)日帰りは、3~6時間の滞在を基本としています。

(注意2)1日の料金には、お母さんと赤ちゃんの利用料金が含まれます。

(注意3)双子などの多胎児の場合は、第2子以降の費用が全額自己負担となります。

(注意4)料金には、衣服などの洗濯代・レンタル代、赤ちゃんのミルク・おむつ代は含まれていません(全額自己負担)。

(注意5)生活保護世帯の方は、減免制度を利用できます。

利用方法

事前に、子ども課母子保健係へご相談ください(医療機関・助産院へご相談いただいても構いません)。


(注意)医療機関・助産所によっては、個室が利用できない場合や、空き部屋の状況により事業が利用できないことがあります。

利用できる施設

施設一覧
医療機関・助産所 所在地 サービス内容
駒ヶ根高原レディスクリニック 駒ヶ根市赤穂759-195 宿泊型・日帰り型
菜の花マタニティクリニック 伊那市日影380-1 宿泊型・日帰り型
伊那中央病院 伊那市小四郎久保1313-1 宿泊型

上伊那助産師会所属の助産所でも宿泊型・日帰り型が利用できる助産所があります。母子保健係にご相談ください。

この記事に関するお問い合わせ先
子ども課 母子保健係

〒399-4192
長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
電話 0265-96-7725(直通)
ファックス 0265-83-4348
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2021年10月25日