小規模宿泊施設特別支援事業補助金【受付:3月19日まで】

令和3年1月8日更新

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、宿泊施設は大きな事業活動の縮小を余儀なくされています。このような中で、国が実施するGoToトラベル事業による利用が限定的な小規模宿泊施設を経営する事業者または個人事業主(以下「事業者等」)を対象に、宿泊施設の経営の維持を図ることを目的として補助金を交付します。

希望する方は、以下の方法で申請してください。

補助概要

補助内容詳細
対象小規模宿泊施設

「小規模宿泊施設」とは、市内に所在し主に観光客の宿泊予約を年間を通して受け付けている宿泊施設で、次のいずれにも該当しない施設をいいます。

  1. 客室数が100室以上の宿泊施設
  2. 年間を通して営業を行うことを前提としていない宿泊施設
  3. 令和2年7月22日前に休業し、令和2年12月27日現在引続き休業している宿泊施設(GoToトラベル実施期間中、全期間休業していた宿泊施設)
  4. 指定管理者が管理する宿泊施設
  5. キャンプ場
  6. 令和2年度駒ヶ根市早太郎温泉特別支援事業補助金の交付対象となった宿泊施設
対象者

補助金の交付を申請しようとする日において、次の1~3の全てに該当する事業者等

  1. 旅館業法第3条第1項に規定する許可を受けている事業者等で、小規模宿泊施設を経営している事業者等
  2. 令和2年7月~12月までの間で、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、経営する小規模宿泊施設の事業収入(注釈1)が前年同月比で10%以上減少した月が1カ月以上ある事業者等。ただし、令和2年1月~12月までの間に小規模宿泊施設の経営を新たに開始した事業者等における事業収入の基準は、別に定めます。
  3. 県が実施する新型コロナ対策推進宣言を行っている事業者等


(注釈1)事業収入について

  • 法人の場合…事業収入は、法人税法第2条第1項第31号に規定する確定申告書別表1における「売上金額」欄に記載されるものと同様の考え方によるものとします。
  • 個人事業主の場合…事業収入は、所得税法第2条第1項第37号に規定する確定申告書第1表における「収入金額等」の事業欄に記載される額と同様の算定方法によるものとします。
補助額

1施設 30万円(定額)

申請受付期間

令和3年1月8日(金曜日)~3月19日(金曜日)

注意事項 申請は1施設1回のみ

申請手順

  1. 交付申請を行ってください。
  2. 市で交付決定通知を送付します。
  3. 交付決定通知が届いたら、請求書を市へ提出してください。
  4. 請求書に基づき、指定口座へ入金します。

交付申請書類

  • 交付申請書(様式第1号)
  • 小規模宿泊施設営業状況報告書(様式第2号)
  • 新型コロナウイルス感染症による経営への影響報告書(様式第3号)
  • 旅館業法第3条第1項の規定による許可証の写し
  • 県が実施する新型コロナ対策推進宣言に関する宣言書の写し

補助金の支払い

市から交付決定通知が届いたら、以下の書類を提出してください。

  • 請求書
  • 振込先の通帳等の写し(見開きページの振込先の記載のあるもの)

申請書ダウンロード

【申請関係】

交付申請書

小規模宿泊施設営業状況報告書

新型コロナウイルス感染症による経営への影響報告書


【請求関係】

制度概要等

補助対象に該当するか不明の場合は、事前に担当までお問い合わせください。その他詳しい情報は、以下の資料をご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

観光推進課 観光係

〒399-4192
長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
電話 0265-96-7724(直通)
ファックス 0265-83-1278
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2021年01月12日