駒ヶ根市

「光前寺道」を歩いてみよう ~丁石をたどって~

「光前寺道」とは


 光前寺は昔から祈願寺として知られ、信者が伊那谷全域、また遠くは遠州見付(静岡県磐田市)からやって来ました。信者が光前寺に詣でるための道が、「光前寺道」です。

「丁石(ちょういし)」をたどってみよう



関屋小路入口の丁石
関屋小路入口の丁石



 江戸時代前期、伊那街道(現在一部国道153号線)が整備され、街道沿いの宿場町から光前寺に向かう道も開かれました。この町筋から寺までの約三十丁の道のりに、一丁(町)ごと檀徒の寄進による「丁石(ちょういし)」が建てられ、今もその姿をとどめています。
 道路の改修などにより、散逸したものもありますが、現在6割ほどが残っています。さまざまな願いを胸に、昔の人々が通った道を、丁石をたどりながら歩いてみませんか。
 
詳細については、添付ファイルをご覧ください。



光前寺道を歩く (pdfファイル、599586バイト)


この記事の担当 (問い合わせ先)
社会教育課
〒399-4192
長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
TEL 0265-83-2111(代表)
FAX 0265-83-4348
電子メール syougai@city.komagane.nagano.jp

※「用語解説」のリンクは「Weblio辞書」のページに移動します。

駒ヶ根市の文化財の記事一覧

駒ヶ根市役所
〒399-4192 長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
TEL 0265-83-2111(代表) FAX 0265-83-4348      【お問い合わせフォーム】
開庁時間 月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)
このウェブサイトについて | 著作権 | 免責事項 | 個人情報利用規程 | サイトマップ || 広告主募集
Copyright 2009 Komagane City. All Rights Reserved.