駒ヶ根市

駒ヶ根で見られる花

 昭和30年頃までは、里山、原野、田畑の土手、太田切川、天竜川、中田切川の河原にたくさんの山野草が咲いていました。土手草を鎌で刈るときは必ず花株を残していました。彼岸や盆になると仏様や墓に飾る花取り役は当時の子供の役目でした。時代の変化によって今は大きな機械が入って農耕作しているため、また山野、河原も整備され昔懐かしい草花が急激に減少しつつあります。自然の中で素朴で可憐に咲く花をいつまでも大切に守っていきたいものです。


イカリソウ

イチリンソウ

ウツボグサ

ウワバミソウ

オオイワカガミ

オキナグサ

オミナエシ

カタクリ

カワラナデシコ

クモキリソウ

クリンソウ

シモツケソウ

シモワラビ
(フユノハナワラビ)

シュンラン

ショウジョウバカマ

チゴユリ

ニリンソウ

ヒトリシズカ

フシグロセンノウ

フタリシズカ

フデリンドウ

マイヅルソウ

ミヤマエンレイソウ

モジズリ
(ネジバナ)

ヤグルマソウ

ヤナギラン

ヤブレガサ

ユキザサ



イカリソウ


タイトルなし
メギ科
林の中に生え、高さ25〜50cm。葉は3枚ずつ付きます。花期は4月中旬〜5月中旬。花弁は4枚で後ろへ長く伸びます。自生地は次第に減って、今はわずかしか残っていません。

このページのトップへ戻る


イチリンソウ


タイトルなし
キンポウゲ科
山地や林の中に生え、高さは20〜30cmになります。花期は4月〜5月ですが花弁に見えるのは萼(がく)片で、花弁はありません。
上の写真はヤエザキイチリンソウで、雄しべが弁化した八重咲き品種です。
花茎の先に一輪花を咲かせることがイチリンソウの名の由来となっているそうです。

このページのトップへ戻る


ウツボグサ


タイトルなし
シソ科
山野の草地に生える多年草。高さ10〜30cm。茎や葉に粗い毛があります。茎を伸ばして繁殖するので群生します。花期は6月上旬〜8月中旬。花が咲き終わった花茎は、漢方で夏枯草(かこそう)と呼びます。

このページのトップへ戻る


ウワバミソウ


タイトルなし
イラクサ科
別名をミズナともいいます。湿った林の中などに分布する多年草で、食用になり、高さ30cm以上に成長するものもあります。ウワバミ(大蛇)が出そうな場所に生えるのでその名がついたともいわれています。

このページのトップへ戻る


オオイワカガミ


タイトルなし
イワウメ科
山地の湿った林内に生えます。葉は円形で、直径4〜7cmあり、光沢があります。花期は5月。花は先の広い筒型で、先端は細かく裂けています。高山には葉の小さいコイワカガミが生えます。

このページのトップへ戻る


オキナグサ


タイトルなし
キンポウゲ科
日当たりの良い山地などに生えます。高さ30〜40cmほどで、花期は4〜5月です。開花の頃は写真のようにうつむいて咲きますが、だんだん上向きになります。花の後、長い白毛のある果実ができることが名の由来になっています。

このページのトップへ戻る


オミナエシ


タイトルなし
オミナエシ科
秋の七草に数えられ、日当たりの良い山地の草原にみられる多年草で、高さ1mほどになります。別名オミナメシ。

このページのトップへ戻る

カタクリ


タイトルなし
ユリ科
日当たりの良い林などに群生し、かつては普通の食用にする植物でした。鱗茎(りんけい)からはでんぷん(片栗粉)が取れます。高さ15cmほどで、花は4〜5cmの紅紫色です。

このページのトップへ戻る


カワラナデシコ


タイトルなし
ナデシコ科
日当たりの良い草原などに生えます。高さ30〜50cm。花期は6〜9月。
別名ヤマトナデシコ。大和撫子は女性への賛美ではなく、唐撫子に対し日本産のナデシコという意味だといわれています。

このページのトップへ戻る


クモキリソウ


タイトルなし
ラン科
山地の疎林下に生える高さ10〜20cmの多年草。茎の先端に5〜15個の淡緑色、時に黒褐色の花を房状につけます。
花弁は狭い線形で昆虫の足に似ています。

このページのトップへ戻る


クリンソウ


タイトルなし
サクラソウ科
山地の湿地に生える多年草で、喧嘩では山出しして湿り気の多い庭先に植えてあるのをよく見かけます。高さ15〜40cmに伸びた花茎に2〜5段に輪生して多数の花をつけます。「九輪草」の名はそこからきています。

このページのトップへ戻る


シモツケソウ


タイトルなし
バラ科
山地の谷間や草地に生え、標高2,300mほどまで分布しています。花期は6月上旬〜7月中旬。淡紅色の小さな花をたくさんつけ、葉柄に小型の葉が付きます。

このページのトップへ戻る


シモワラビ(フユノハナワラビ)


タイトルなし
ハナヤスリ科 
「シモワラビ」はこのあたりで呼ばれている別名で、和名はフユノハナワラビといいます。冬緑性シダ植物で、初秋〜冬にかけて日当たりのよい林の中に生え、若芽は天ぷらにしてもほろ苦くおいしいです。
胞子葉の高さは20〜30cm程になります。

このページのトップへ戻る


シュンラン


タイトルなし
ラン科
野生蘭の一種で、多くの細長い葉の間から花を横向きに開きます。春の早い時期に咲くことが名の由来となっています。
花期は3月上旬〜4月上旬。花は葉の色と似ているためあまり目立ちません。

このページのトップへ戻る


ショウジョウバカマ


タイトルなし
ユリ科
多湿地に生える常緑の多年草。根元から放射状に葉を伸ばし、その先に小苗を作って繁殖します。花期は4月上旬〜下旬で、紅色の花が咲きますが、花色には個体により濃淡があります。

このページのトップへ戻る


チゴユリ


タイトルなし
ユリ科
各地の林に生えます。高さ15〜30cm。茎は通常分枝しません。葉は長さ4〜6cm。花期は4月下旬〜5月下旬。花は、多くは茎の先に1個つけます。果実は球形で黒く、名の由来は、花が稚児のようにかわいいからとされています。

このページのトップへ戻る


ニリンソウ


タイトルなし
キンポウゲ科
低地から亜高山帯の林や草原に生え、地下茎で殖え、群生します。茎は3枚の葉をつけ、花を1〜3個つけます。花期は4月中旬〜5月下旬。花は白色で、紅色を帯びるものもあります。

このページのトップへ戻る


ヒトリシズカ


タイトルなし
センリョウ科
林の中に生え、高さ15〜25cm。葉の長さは8〜10cmで、4枚が輪生状につきます。花期は4月中旬〜5月上旬。花は穂につき、花弁はなく白いのは雄しべです。

このページのトップへ戻る


フシグロセンノウ


タイトルなし
ナデシコ科
半日蔭を好み、林の縁に日本人好みの朱色の花を咲かせます。
花期は7月〜10月。高さ50〜80cmになります。節が黒褐色にふくらむので「節黒仙翁(フシグロセンノウ)」の和名となりました。
このページのトップへ戻る


フタリシズカ


タイトルなし
センリョウ科
林の中に生え、高さ30〜50cm。葉は楕円形で、長さ8〜16cm。2対が接近して対生します。花期は5月下旬〜6月中旬。花序は1〜4本、白い丸い花を点々と付けます。各地に生え、群生する所もあります。

このページのトップへ戻る


フデリンドウ


タイトルなし
リンドウ科
山野のやせた草地に生える2年草で、高さ5〜10cm。葉は厚みのある広卵形。花期は4月中旬〜6月上旬。花は長さ2cmくらいで、白〜青紫色。次第に生息地が減り、希な植物になりました。

このページのトップへ戻る


マイヅルソウ


タイトルなし
ユリ科
主に亜高山に生えます。花茎高さ10〜15cm。葉は2枚でハート型。花期は低地では5月上旬〜6月上旬。花びらは4枚で、果実は亜高山では赤くなります。

このページのトップへ戻る


ミヤマエンレイソウ


タイトルなし
ユリ科
山地の林内に生え、高さ20〜40cm。葉は広卵形。花期は4月中旬〜5月下旬。花は外側の3枚は緑色、内側の3枚は白色で、後に紫色を帯びることがあります。別名シロバナエンレイソウ。

このページのトップへ戻る


モジズリ(ネジバナ)


タイトルなし
ラン科
日当たりの良い野原の芝地、田のあぜ、土堤などに生える多年草で、群生することもあります。
高さ10〜20cmほどで、花序がねじれている面白い植物です。

このページのトップへ戻る


ヤグルマソウ


タイトルなし
ユキノシタ科
亜高山帯の林に生える大型の草。群生する所があり、葉は長い枝の先に小葉が5枚つくので、方言で「ゴハ」といいます。花期は6月上旬〜7月上旬。低地ではめずらしい植物です。

このページのトップへ戻る


ヤナギラン


タイトルなし
アカバナ科
日当たりの良い草地に群生する多年草です。柳のような葉と、蘭のような花を咲かせることから名付けられたといわれています。花の後細長い果実をつけ、後に4裂し、白い絹毛をつけた中の種子が風に乗って飛び散ります。

このページのトップへ戻る


ヤブレガサ


タイトルなし
キク科
林の中に生える多年草。花茎は高さ70〜120cm。葉は円形で7〜9枚に深裂します。花期は7月中旬〜9月上旬。ヤブレガサの名は、葉の開き始めが破れた唐傘に似ていることからきています。

このページのトップへ戻る


ユキザサ


タイトルなし
ユリ科
山地の林内に生えます。高さ30〜60cmで花期は5月〜7月。葉がササに似ていて、5〜7枚つけ、白い花を多数つけます。実は丸く、熟すと赤くなります。

このページのトップへ戻る


この記事の担当 (問い合わせ先)
企画振興課
〒399-4192
長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
TEL 0265-83-2111(代表)
FAX 0265-83-4348
電子メール kizai@city.komagane.nagano.jp

※「用語解説」のリンクは「Weblio辞書」のページに移動します。

こまがね探し隊の記事一覧

駒ヶ根市役所
〒399-4192 長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
TEL 0265-83-2111(代表) FAX 0265-83-4348      【お問い合わせフォーム】
開庁時間 月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)
このウェブサイトについて | 著作権 | 免責事項 | 個人情報利用規程 | サイトマップ || 広告主募集
Copyright 2009 Komagane City. All Rights Reserved.