駒ヶ根市

昆虫

ハッチョウトンボミヤマシジミ


ハッチョウトンボ



タイトルなし

みなさんは駒ヶ根市の昆虫に指定されているハッチョウトンボをみたことがありますか。ハッチョウトンボの大きさは1円玉ほどの大きさで、世界で最も小さい部類に属するトンボです。もちろん、日本では最小のトンボです。このハッチョウトンボを見ようとするならば、南割公園に行くとよいでしょう。ハッチョウトンボが生息する環境は限られ、南割公園の中でも、一年中浅く水が張った陽当たりの良い環境です。駒ヶ根市周辺では5月上旬から羽化が始まり、9月上旬まで観察することができます。羽化したばかりのハッチョウトンボは、雄も雌も褐色の体に縞模様がうっすらとあります。その後雄は、成熟するにしたがってオレンジ色から赤色に変化します。これに対し雌のシッポは、虎斑模様が目立っていきます。駒ヶ根市では、2013年6月29日、30日に「全国トンボ市民サミット」を開催する予定です。

ハッチョウトンボを育てる会

このページのトップへ戻る

ミヤマシジミ



タイトルなし

ミヤマシジミは、河川敷を中心に生息しています。羽を広げた大きさは30mm内外です。多化性で年に4〜5回の発生を繰り返します。幼虫の草食は主としてマメ科のコマツナギです。卵の状態で冬を越します。


この記事の担当 (問い合わせ先)
企画振興課
〒399-4192
長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
TEL 0265-83-2111(代表)
FAX 0265-83-4348
電子メール kizai@city.komagane.nagano.jp

※「用語解説」のリンクは「Weblio辞書」のページに移動します。

こまがね探し隊の記事一覧

駒ヶ根市役所
〒399-4192 長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
TEL 0265-83-2111(代表) FAX 0265-83-4348      【お問い合わせフォーム】
開庁時間 月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)
このウェブサイトについて | 著作権 | 免責事項 | 個人情報利用規程 | サイトマップ || 広告主募集
Copyright 2009 Komagane City. All Rights Reserved.