駒ヶ根市

早太郎のお話 ・ 賽の河原物語

早太郎のお話


タイトルなし
 昔のことです。光前寺というお寺の縁の下で、山犬のお母さんが3匹のかわいい仔犬を産みました。それを知った和尚さんは、毎日おいしいご馳走をたくさん運んでやりました。
 月日がたち、仔犬たちはだんだん大きくなり、お母さん犬と一緒にお寺の庭を駆け回って楽しく遊ぶようになりました。
 ある日、お母さん犬は、3匹のかわいい仔犬を連れて帰ろうとしたとき、一番利口そうな仔犬を一匹お礼としてお寺へ残していきました。その仔犬は灰色をしていて、強そうで、走ることがとても速かったので、和尚さんは「早太郎」と名前を付けてかわいがっていました。
 
 ある寒い日の夕方のことです。お寺の裏山へ恐ろしい怪物が出てきて、遊んでいた子供をさらって逃げようとしました。それを見つけた早太郎は、風のような速さと、すごい力で怪物とたたかい、子供を助けました。
そのことがあってからは、村の人たちもやさしく強い早太郎を見ると、抱いたりなでたりしてかわいがってやりました。

 その頃、遠州(静岡県磐田市)では秋祭りの前の晩になると、かわいい女の子のいる家に白い矢が飛んできて屋根に刺さり、矢の刺さった家では、女の子を白木の箱に入れてお宮へ供えなければなりませんでした。それをしないと田畑の作物が一晩のうちに荒らされてしまうのでした。
 とうとうお祭りの夜がやってきました。お坊さんが、白い木の箱に入れた女の子の様子を見ようと、太い木の陰にそっと隠れて見ていると、「今宵、今晩、信州信濃の早太郎はおらぬか。このことばかりは早太郎に知らせるな。」と何回も歌いながら大きい怪物が現れ、白い木の箱の中から女の子をわしづかみにすると、ものすごい早さで消え去っていきました。
 その様子を見たお坊さんは、おそろしい怪物の歌った歌を忘れることができず、一日も早く信州信濃の早太郎を探そうと思い、旅をしている六部という人に頼んでみました。頼まれた六部は「信州信濃の早太郎はおらぬかい。」と早太郎探しの旅に出かけました。
 
 六部は毎日あちらこちらと探し回って、やっとのことで宮田のお茶屋にたどり着き、一休みしてお茶を飲んでいると、お茶屋のおばあさんが、早太郎の話をして聞かせてくれました。話を聞いた六部は喜び勇んで、お茶もそこそこに光前寺へ行き「早太郎を貸してください」と和尚さんに頼みました。六部から怪物の出る話を聞いた和尚さんは「早太郎、がんばっておいでよ。」と犬の頭をやさしくなで、六部に渡しました。早太郎を借りた六部は大喜びで遠州に帰っていきました。

 さて、冷たい風が吹くお祭りの夜のことです。かわいい女の子の身代わりに、早太郎を白い木の箱に入れて、神様の前に供えておき、お宮の縁の下の隅でじっと様子を見ていると、大きい怪物が待ちかねたように太い杉の木の上から飛び降り、あたりをキョロキョロ見渡して「今宵、今晩、信州信濃の早太郎はおらぬか。このことばかりは早太郎に知らせるなよ。」と歌いながら白い木の箱に近付いていきました。怪物がふたを開けたとたん、早太郎は箱から飛び出して怪物にとびかかっていきました。怪物も負けずに「ウワー、ウワー」とすごい叫び声をあげて早太郎にとびかかりました。
しかし、早太郎はうなり声ひとつ上げず、すごい早さと力でたたかい続けました。怪物は体中血だらけになり、だんだん弱ってきました。早太郎もけがをしていましたが、最後の力を振り絞って怪物ののどにかみついていきました。怪物は「ギャー」といってばったり倒れ、動かなくなってしまいました。
お祭りの夜が明けたので、村の人たちがおそるおそるお宮へ行ってみると、早太郎の姿は見えず、年とったサルが血まみれになって死んでいました。
【霊犬早太郎像と碑 昭和32年(1957)】
【霊犬早太郎像と碑 昭和32年(1957)】
 早太郎は、血まみれのまま、遠い、遠い信州の光前寺までやっとのことでたどり着き、縁側にいた和尚さんの前にきちんと座り、じっと和尚さんの顔を見ていましたが、「ワン」と一声ほえるとばったり倒れて死んでしまいました。
 和尚さんは死んだ早太郎の体をやさしく、やさしくなでながら「早太郎、よくたたかった、強かったな。」とほめてあげました。
 そして太い杉の木に囲まれた本堂の左横に穴を掘り、永い、永い眠りにつかせてあげました。

○早太郎は、別名「灰坊太郎(へいぼうたろう)」とも呼ばれていました。

 この話は、お寺に昔から伝わっている伝説で、今でも石に囲まれた早太郎の墓が存在し、お寺を参礼する人々は早太郎の墓前に立ち止り、手を合わせる人も少なくないという事です。話の内容については、光前寺の和尚さんに聞いたり、市の図書館に残されている早太郎物語を中心に、幼児が理解できるように、詳しく噛み砕いてみました。挿絵は当時の市内保育園児によるものです。


タイトルなし
早太郎の墓(中央)
石塔はかなり欠損していて、昔はどんな型の塔であったのかよくわかりません。


※この話の絵本が「信州駒ヶ根の昔ばなし 早太郎」として駒ヶ根青年会議所と駒ヶ根市保育協会民話グループの手によって、昭和60年に発行されています。(本堂の売店のみ販売しています。)




賽の河原物語



タイトルなし
光前寺の賽の河原は、全国でも珍しく、広々として親地蔵との調和がとれていて常にきれいに整備されています。時には子供を亡くした親たちが、我が子を思い、心の癒しの場として参拝している姿も見られます。


賽の河原物語


あっこちゃんは、小さい時から体が弱くて、毎日病院でお母さんと一緒に暮らしていました。
白い服を着たお医者さんや、看護師さんに、薬を作ってもらって飲んだり、大きな注射を何本もしたのに、雪の降る寒い日の朝、3才のあっこちゃんはとうとう死んでしまいました。
小さいあっこちゃんは、やさしかったお父さんやお母さんと別れてしまったので悲しくて泣いていると、極楽から心の優しい仏様が迎えに来てくれました。
極楽の道はとてもきれいでした。赤やもものきれいな花がいっぱい咲いて、黄色い鳥や青い鳥が「チイチクピー」と鳴いていました。あっこちゃんは、仏様の背中でねんねしたまま、極楽の庭まで行きました。やさしい仏様は、あっこちゃんをそっとおろしてだっこした時、あっこちゃんの目が「パッ」と開き、あっこちゃんは驚いてしまいました。だって、きれいな服を着た、あっこちゃんみたいな子供たちが大勢集まって、石を積んだり、ままごとをして、遊んでいたからです。極楽の子供は皆仲良しです。いじわるする子供はだれもいません。

ある日、あっこちゃんが、やさしかったお父さん、お母さんのことを思い出しながら、大きい石を1つ積んでは「お父さんに会いたいな」、2つ積んでは「お母さんに会いたいな」3つ積んでは「お兄さん、お姉さんに会いたいな」と遊んでいると、あたりがだんだん暗くなってきました。
タイトルなし
そこへ地獄の鬼が現れて、「おいおい、おまえは何をしているのだ。お父さん、お母さんのことを思い出してはいけないのだ。そんなことをすると、生きているお父さんやお母さんがよけい悲しがるではないか。」と言って、黒色の長い棒を持ってきて、あっこちゃんの積んだ石をみんなくずしてしまいました。あっこちゃんは、おそろしさと悲しさでシクシク泣いていると、そこへ強くて優しいお地蔵様が来て、地獄の鬼に向かって言いました。「おまえは、なぜいじわるをするのだ。この子は小さいながらも、生きているお父さんお母さんと別れて、遠い遠い極楽の国に来ているのではないか。」と言って、恐ろしい鬼を追い払ってくれました。そして、やさしいお地蔵様は「おお、かわいそうなあっこちゃんよ、お父さんやお母さんは遠い遠いところにいて会えないのだよ。そのかわり、このわたしをお父さん、お母さんと思って甘えなさい。」と言って、やさしく抱きかかえて、ほおずりをしてくれました。
それからのあっこちゃんは、このお地蔵様を本当のお父さん、お母さんと思って、美しい花の咲いている賽の河原に来てはお地蔵様と一緒に楽しく遊んでいます。

(この話は「賽の河原地蔵和譛」に記されている物語をもとに、子供向けに駒ヶ根市保育協会、民話グループ会員が、昭和50年代に編集したもので、挿絵は当時の市内保育園児によるものです。)

光前寺

光前寺境内の建造物

光前寺境内の石仏・石碑

光前寺の寺宝

光前寺の三本杉

光前寺自然探勝園

光前寺の蛙石

この記事の担当 (問い合わせ先)
企画振興課
〒399-4192
長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
TEL 0265-83-2111(代表)
FAX 0265-83-4348
電子メール kizai@city.komagane.nagano.jp

※「用語解説」のリンクは「Weblio辞書」のページに移動します。

こまがね探し隊の記事一覧

駒ヶ根市役所
〒399-4192 長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
TEL 0265-83-2111(代表) FAX 0265-83-4348      【お問い合わせフォーム】
開庁時間 月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)
このウェブサイトについて | 著作権 | 免責事項 | 個人情報利用規程 | サイトマップ || 広告主募集
Copyright 2009 Komagane City. All Rights Reserved.