駒ヶ根市

平成30年8月診療分から子どもの医療費の給付方式が変わります

新方式の概要


 福祉医療費給付制度は病院などの窓口で保険診療の一部負担金を支払った後に市から給付する制度です。
 8月からは、年度末の年齢が満18歳以下の方(高校3年生の世代の方)は、医療機関窓口で被保険者証とともに福祉医療費受給者証を提示し、受給者負担金500円(最大)を支払うことで医療を受けることができるようになります。

受給者負担金について


 医療機関窓口でお支払いいただく受給者負担金は、1カ月1医療機関(1レセプト)ごとに最大500円です。
 同じ医療機関であっても、入院・通院・歯科ごとに500円までのお支払いがあります。
 また、同じ薬局でも、処方箋を発行した病院ごとに500円までのお支払いがあります。

新しい給付方式の対象者と対象医療費


対象者


◆0歳から中学卒業までの方⇒入院・通院
◆高校1年生から高校3年生までの方(注)⇒入院
◆母子・父子家庭および障害手帳をお持ちの18歳の3月31日までの方⇒入院・外来

(注)満15歳に達する日以降の最初の3月31日の翌日から満18歳に達する日以降の最初の3月31日までの間にある方

対象となる医療


◆医科・歯科・調剤・訪問看護療養費
 柔道整復師の施術療養費は、引き続き現在と同じ給付方式です。
 なお、予防接種や歯列矯正、入院時の食事代など保険外診療には使えません。

 また、「小児慢性特定疾患」など国や県の公費負担制度の受給券をお持ちの場合は、「健康保険証」「福祉医療費受給者証」と併せて医療機関に提示してください。

Q & A


Q1 病院で受給者証を提示しないで受診した場合や、病院で「新しい給付方式に対応していない」と言われた場合は、どうなりますか?


A 福祉医療費の支給申請が必要です。医療機関窓口で保険一部負担金を一旦お支払いただき、医療機関発行の領収書と福祉医療費受給者証をご持参のうえ、市民課窓口でお手続きをお願いします。後日、福祉医療費を支給します。

支給申請書 (pdfファイル、320945バイト)

Q2 県外の病院で受診した場合は、どうすればいいですか?


A Q1の場合と同様の手続きをお願いします。

Q3 学校で怪我をした場合は、福祉医療費の対象になりますか?


A 学校や保育園、幼稚園の管理下での怪我などで診療を受けるときは、日本スポーツ振興センターの災害共済給付制度が適用されるため、福祉医療費の対象となりません。受診の際は、医療機関にその旨を伝え、福祉医療費受給者証を提示せずに健康保険証のみで受診してください。
 なお、医療機関に一旦支払った医療費は後日支給されます。
 

Q4 高校生世代の子どもが入院する場合は、どうすればいいですか?


A 受給者証を発行いたしますので、印鑑、健康保険証、通帳をご持参のうえ、市民課窓口で受給者証の交付申請を行ってください。
 詳しくは、「子どもの福祉医療費の支給範囲(入院のみ)を拡大しました」をご覧ください。

この記事の担当 (問い合わせ先)
市民課
〒399-4192
長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
TEL 0265-83-2111(代表)
FAX 0265-83-4348
電子メール simin@city.komagane.nagano.jp

※「用語解説」のリンクは「Weblio辞書」のページに移動します。

福祉医療の記事一覧

駒ヶ根市役所
〒399-4192 長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
TEL 0265-83-2111(代表) FAX 0265-83-4348      【お問い合わせフォーム】
開庁時間 月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)
このウェブサイトについて | 著作権 | 免責事項 | 個人情報利用規程 | サイトマップ || 広告主募集
Copyright 2009 Komagane City. All Rights Reserved.