駒ヶ根市

学校の紹介

駒ヶ根市立赤穂南小学校


住所・連絡先


赤穂南小学校校門
〒399-4117 長野県駒ヶ根市赤穂8915-1
電話番号0265-81-5700
ファクス0265-81-7277
E-mail akaho373@ed.city.komagane.nagano.jp

位置図



大きな地図で見る

学校教育目標



すずらんの心—すがすがしく—

しぜんのなかで げんきに<体> やさしく<徳> ねばりづよく<知>


赤穂南小学校校舎
赤穂南小学校校舎
  

沿革


 赤穂小学校の大規模校解消と赤穂地区の小学校児童数の均等化を図るとともに、理想的な環境の中で児童を育成することを願い、平成6年南割区・福岡区・市場割区・上赤須区・吉瀬区を通学区とする赤穂南小学校がこの地に誕生しました。
 木材をふんだんに使った「ぬくもり」と「うるおい」のある校舎。教室の前には学年毎多目的に使えるオープンスペースの多目的教室。エレベーターやスロープを設置し、バリアフリーの校舎が実現しました。また校庭に隣接した場所に、水や自然に親しめる自然体験園があります。
 児童会の健康委員会とともに、歯と口の健康づくりに力を入れており、毎年県から「よい歯」の学校として表彰を受けています。18年度には、その実績が認められ、全日本学校歯科保健優良校の最優秀校(文部科学大臣賞)を受賞しました。
赤穂南小学校世界情報センター
赤穂南小学校世界情報センター
 また、児童会では、「あいさつ・安全委員会」を中心に、あいさつ運動に力を入れています。合唱団や金管バンドの課外クラブも各種コンクールに出場し、金賞を受賞したり、地区のイベントに参加するなど、活発に活動を続けています。
 学区内にある青年海外協力隊訓練所との交流も続いていて、その学習資料や派遣国の物品を展示した世界情報センターも2階ロビーに設置されています。
 平成20年度に、開校15年目を迎えました。

校章


赤穂南小学校校章
 かつて、赤穂小学校から赤穂東小学校が分離したとき、「赤穂小学校の校章」の図案「赤」の文字に変えて「東(方向)」を入れて「赤穂東小学校の校章」としたことがありました。このことをふまえて、赤穂小学校からの分離の時に、PTAにアンケートをとったところ、「赤穂小学校」の図案の「赤」の文字を変えて、「南(方向)」を入れて「赤穂南小学校の校章」とする案に9割近くが同意したことから、「赤穂南小学校の校章」と決定されました。

 校章にすずらんが使われた由来は、けがれなく清楚で、気高い花であること、郷土の人々に親しまれていることなどからとされています。中央の「南」の文字に5つのすずらんの白い花が結びつき、清らかで奥ゆかしく、しかも、しっかりと根を張って、次第に周囲を感化し生き抜いてゆく様子を表したものです。

校歌


(作詞:小町谷常是/作曲:石野巍)

赤穂南小学校校歌
一、天路を走る 駒ヶ嶺や
   雲間を下る 天竜や
    その髙原に 地を占めて
     操も清き 鈴蘭の
      ゆかしく薫る 学びの舎

二、小碓の皇子の 木の下に
   憩い給いし 神杉の
    神さびませる 美女ヶ森
     不動の滝の 霧の間に
      光りそめけん 光前寺

三、崇き自然を 師父として
   堅忍不抜の 意氣を練り
    遠き歴史を 偲びつゝ
     向上進取の 氣をきたえ
      いよゝ赤穂の 名を挙げん

 駒ヶ根市にある「赤穂学校」(赤穂小学校、赤穂東小学校、赤穂中学校、そして赤穂南小学校)すべてで同じ校歌が使われています。

 赤穂小学校からの分離を記念して、赤穂小学校校歌を三部合唱に編曲されました。校歌として当初は三部でうたわれていましたが、キーが高いなどの小学生にはなじまない面があったので、数年後には、二部合唱で歌うようになり、現在に至っています。

※「用語解説」のリンクは「Weblio辞書」のページに移動します。

赤穂南小学校の記事一覧

駒ヶ根市役所
〒399-4192 長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
TEL 0265-83-2111(代表) FAX 0265-83-4348      【お問い合わせフォーム】
開庁時間 月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)
このウェブサイトについて | 著作権 | 免責事項 | 個人情報利用規程 | サイトマップ || 広告主募集
Copyright 2009 Komagane City. All Rights Reserved.