駒ヶ根市

2019年5月の動き

駒工で選挙の出前講座(5月29日)


模擬投票する生徒たち
模擬投票する生徒たち
駒ヶ根工業高校で市選挙管理委員会による出前講座が行われ、3年生およそ120人が選挙制度や投票方法などについて学びました。これは、選挙権が18歳以上に引き下げられたことに伴い、平成28年から行う取り組みです。生徒たちは、現在の選挙制度となった背景や、投票率が低いと若い世代の声が政治に届かない恐れのあることなどを、クイズを交えて学習。その後、実際の投票用紙や投票箱を使って模擬投票を実施し、信州大学の学生が立候補者を演じる政見放送や選挙公報を見ながら、候補者を比べて投票しました。県外出身者の目線が大切だと感じて候補者を選んだという小田切拓磨さんは、「若い世代と高齢者の投票率に大きな差があることを初めて知った。ぜひ投票に行きたい」と話しました。

5月定例記者会見(5月29日)


会見する杉本市長
会見する杉本市長
定例記者会見が開かれ、杉本市長から◆6月市議会定例会◆こまがね大使村プロジェクト関連事業について説明を行いました。詳しい内容は、添付ファイルをご覧ください。

20190529定例記者会見資料 (pdfファイル、3245003バイト)


伊南地域一丸となり、さらなる魅力発信を(5月24日)


あいさつをする杉本市長
あいさつをする杉本市長
伊南4市町村の観光・商工・金融などの団体が連携して観光振興に取り組む組織、「伊南DMO」の設立準備会総会が市役所で行われ、関係者らおよそ60名が参加しました。この準備会は、昨年3月に発足し、これまでにワークショップや見学会などを20回以上開催。伊南独自の魅力の発掘や、地域を売り出すためのブランドコンセプトの検討を行い、来訪者満足度調査を実施するなど積極的な取り組みを展開してきました。総会では、平成30年度事業報告と、令和元年度事業計画が承認され、10月を目標に法人設立に向け準備を進めていくことを確認。また、具体的な取り組みとして、食や歴史に触れながら地域の魅力を味わってもらうウォーキングイベントを、11月に開催する予定であることが発表されました。会長を務める杉本市長は、「何気ない暮らしの中に、本当の価値と魅力があることを再発見できた」とこれまでの取り組みに感謝し、「本年度は、より多くの方に訪れてもらうために実践的な取り組みを進めたい」とあいさつしました。

誰もが活躍できるまちを目指して(5月23日)」


委嘱を受ける検討委員
委嘱を受ける検討委員
 第1回生涯活躍のまち構想検討委員会が市役所で開かれ、子育てサークルや市障害者就労支援センター桜木園利用者の会などの代表者10名に委嘱状が手渡されました。 生涯活躍のまち構想とは、多世代が交流する中で居場所と役割を見つけ、子どもや高齢者、障がい者、外国籍住民など地域に住むあらゆる人が活躍できるまちづくりを推進していく取り組みのこと。検討委員会は、この構想策定に向け、さまざまな団体の関係者から広く意見・提言をいただくことを目的としています。 杉本市長は、「多くの人が活躍できる場をつくることで、駒ヶ根市に住みたいと思ってもらえる魅力的な街となるよう、みなさんの経験や知恵をいただきたい」とあいさつ。また、検討委員会のアドバイザーを務める青年海外協力協会(JOCA)の堀田事務局長は、先進事例を紹介しながら「地域の人が集まる場所を、どこにどうやってつくっていくのかを本気で考えることが、生涯活躍のまちづくりになる」と話しました。今後、検討会で出された意見をまとめ、8月をめどに構想を策定していく予定です。


伊駒(いこま)アルプスロード整備促進期成同盟会総会(5月22日)


要望書を手渡す杉本市長(左)
要望書を手渡す杉本市長(左)
伊駒アルプスロード整備促進期成同盟会総会が駒ヶ根市役所で行われ、駒ヶ根市、伊那市、宮田村の市・村長をはじめ国会議員や県・市議会議員、商工会議所、地区関係者らおよそ45人が出席しました。同会は、国道153号の渋滞緩和や安全確保、地域の活性化などを目的に国や県に対して要望活動を実施。総会では、平成30年度事業報告や令和元年度の予算などが承認されるとともに、国会議員と県議会議員に対して要望書の提出を行いました。伊駒アルプスロードは、今年2月に伊那・駒ヶ根間の計画道路として決定され、直轄権限代行(県の事業を国が代行して行うこと)の検討を行うための調査費が、国土交通省で本年度予算化されました。会長の杉本市長は、中央自動車道の代替機能や大規模災害時における緊急輸送路の役割を期待し「一日も早く直轄権限代行により事業着手されるよう、積極的な活動を展開していく」と意気込みを語りました。

国体ホッケー競技開催へ要望書提出(5月21日)


要望書を手渡す県ホッケー協会佐々木会長(左)
要望書を手渡す県ホッケー協会佐々木会長(左)
令和9年に長野県での開催が予定されている国民体育大会(国体)で、ホッケー競技の市内開催に向けて、県ホッケー協会から市長へ要望書が提出されました。現在、県では、昭和53年に「やまびこ国体」を開催して以来2巡目となる国体開催に向け、競技開催地の検討を進めています。同協会は、ホッケーが県内では駒ヶ根でしか行われていないスポーツであり、やまびこ国体などを市内で開催した実績もあることから、市内での開催を希望。「長野県看護大学のグラウンドをメイン会場として、人工芝のコートを2面整備していただきたい」と要望しました。杉本市長は要望を受け、「現在あるものを有効活用し、近隣市町村とも連携しながら知恵をしぼって検討したい。費用もかかることなので、国や県からの支援などを踏まえて結論を出したい」と話しました。

ネパールの小学生とスカイプ交流(5月17日)


パソコン越しに会話する子どもたち
パソコン越しに会話する子どもたち
中沢小学校5年生17人が、国際協力友好都市ポカラ市の同世代の子どもたち約20人と、インターネットを使った映像音声電話サービス「スカイプ」で交流しました。これは、同学年担任の山田あかり教諭が企画し、青年海外協力隊(JICA)などの協力を得て実現したものです。山田教諭は、昨年度JICA教師海外研修でベトナムを訪れ、帰国後の授業で現地の様子等を紹介。子どもたちが高い関心を示したことから、本年度も継続しようと5月大型連休にポカラ市を訪問しました。現地で活動するJICA隊員 林まどかさん(市出身)と共に、交流の相手校スリサハラバル中等学校を訪れ、子どもたちと交流したことがきっかけで、今回の取り組みにつながりました。約30分の通話では、パソコンやテレビ画面に現地の様子を映し出しながら、英語での自己紹介や東京五輪応援ソング「パプリカ」の合唱とネパールの伝統的ダンスを披露。山田教諭は、「人はみんな違うのが当たり前。違いを認め合うようになってもらえたら」と企画した思いを語り、交流を終えた中沢小5年の木下秀斗さんは「(海外とのビデオ通話は)初めてだったけど、仲良くなれたと思う。またやりたい」とうれしそうに話しました。

県内初の信州花フェスタにぎわう


「中央アルプス千畳敷カールの花畑」を観賞する来場者たち
「中央アルプス千畳敷カールの花畑」を観賞する来場者たち
現在、松本平広域公園を中心に行われている「信州花フェスタ2019」は、連日多くの来場者でにぎわっています。花フェスタとは、1983年から毎年全国で開催される国内最大級の花とみどりの祭典で、長野県では初開催。会場では、700品種100万株の花や草木、100を超えるさまざまな庭園が一堂に会し、来場者を出迎えます。5月11、12日には、来場者が審査員として参加し、楽しみながら出展作品を観賞してもらおうと人気投票を実施。市の出展した花壇「中央アルプス千畳敷カールの花畑」が、県内自治体出展「花壇・小庭」の部門で見事1位を獲得しました。松本市内から訪れた女性は、「これなんだろう、この花きれい」など、普段は目にする機会の少ない高山植物を、花の名前が書かれたパネルと見比べながら観賞していました。このイベントは、6月16日(日曜日)まで行われます。
信州花フェスタ公式ホームページ https://bit.ly/2Jt3gCp

家族や友だちと1,331mの頂へ(5月3日)


山頂を目指す参加者
山頂を目指す参加者
高鳥谷山(たかずやさん)あるけあるけ大会が開催され、家族連れなど約200人が山頂を目指しました。参加者は、麓にある高鳥谷神社(標高約850m)を出発し、息を切らせながら険しい山道を登り、約40分から1時間かけて1,331mの高鳥谷山頂上へ到着。登頂後は、絶景を眺めながらおにぎりを食べたり、双眼鏡で駒ヶ根市街地を眺めたりして、春のひとときを過ごしました。また、山頂には、東伊那公民館の講座「東伊那もりあげ隊」の皆さんが企画した臨時ポストが設置され、参加者は、祖父母や友人に宛てて登山の感想や令和にやりたいことなどをしたためました。同級生と5人で参加したという児童は、令和への願いを「風邪をひかないように、元気で過ごしたい」と書き、投函していました。


※「用語解説」のリンクは「Weblio辞書」のページに移動します。

市政の動きの記事一覧

駒ヶ根市役所
〒399-4192 長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
TEL 0265-83-2111(代表) FAX 0265-83-4348      【お問い合わせフォーム】
開庁時間 月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)
このウェブサイトについて | 著作権 | 免責事項 | 個人情報利用規程 | サイトマップ || 広告主募集
Copyright 2009 Komagane City. All Rights Reserved.