駒ヶ根市

光前寺の三重塔


タイトルなし

三重塔断面図
三重塔断面図

●指 定…県・文化財(昭和60・11・21)
●所在地…赤穂北割二   ●所有者…光前寺

 この三重塔は諏訪の宮大工、立川二代和四郎冨昌と弟の四郎治の手によるもので、現在南信地区にのこる唯一の三重塔である。間口3.297m、奥行3.297m、高さ17.635m。屋根は三層銅板葺、初層二層は二重の繁棰(しげだるき)、三層は二重の扇棰(おうぎだるき)を用いている。これらの手法はこの塔をして、一層美的効果を高めている。
 柱はケヤキを用い円柱、側回りに縁長押(えんなげし)、半長押、内法貫(うちのりぬき)そして頭長押をめぐらす。中央の柱間に桟唐戸(さんからど)、両脇に連子窓(れんじまど)が配されている。組物は左右脇に尾棰(おだるき)を用いた三手先、その間は中備間斗束(なかそなえけんとつか)を配す。二層は平三斗腰組付の縁に勾欄(こうらん)をめぐらす。
 二層は初層と同じ尾棰を用いた三手先、中備間斗束を配している。中央柱間に左右連子窓、・桟唐戸。三層は二層と同じ手法であるが、屋根は扇棰を用いている。
 相輪は鋳鉄製である。また、頂部の水煙(すいえん)・宝珠(ほうじゅ)も均衡のとれた手法で、さらにこの塔の美しさを増している。内陣には塔の守護である五智如来などを安置してある。塔の真柱は八角で二層から立てられる。そのほか、各層の中備に花鳥や人物の彫刻がはめこまれている。            

この記事の担当 (問い合わせ先)
社会教育課
〒399-4192
長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
TEL 0265-83-2111(代表)
FAX 0265-83-4348
電子メール syougai@city.komagane.nagano.jp

※「用語解説」のリンクは「Weblio辞書」のページに移動します。

建造物の記事一覧

駒ヶ根市役所
〒399-4192 長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
TEL 0265-83-2111(代表) FAX 0265-83-4348      【お問い合わせフォーム】
開庁時間 月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)
このウェブサイトについて | 著作権 | 免責事項 | 個人情報利用規程 | サイトマップ || 広告主募集
Copyright 2009 Komagane City. All Rights Reserved.