駒ヶ根市

旧竹村家住宅

タイトルなし
旧竹村家住宅復元平面図
旧竹村家住宅復元平面図
内 部
内 部
●指定…国・重要文化財(昭和41・6・11)
●所在地…赤穂北割二   ●所有者…駒ヶ根市
 
 この旧竹村家は、中沢本曽倉大津渡にあったものを、昭和43年(1968)12月現在地に移築復元されたものである。
 竹村家は江戸時代には代々名主(なぬし)(庄屋)をつとめた家柄である。建築年代は明らかでないが、江戸時代中頃(約280年前)と考えられる。建物は式台を備え、外観も堂々としていて東日本の民家としては最大級といわれている。旧竹村家はこの地方の江戸時代上層農家建築として重要な存在である。
 正面大戸口から入ると、広い土間とその上手に板敷の台所がある。土間と台所の間には間仕切もなく、豪壮な梁組(はりぐみ)を見せた一部屋で、いろり・ながしを中心とした日常生活の場所となっている。
 表側には、「下の間」・「上座敷」、裏側には家族の「ねま」などがある。土間の下手には「とおり」・「うまや」・「こまや」が並んでいる。
 構造としては、桁行(けたゆき)12間半、梁行(はりゆき)5間半、母屋背面中央に半間の庇(ひさし)を張り出した構造である。梁は6尺間隔の方眼状の梁組、側回(そくまわ)り1間毎に柱が立てられている。桁は梁の上に通す折置(おりおき)組、中心に大黒柱が立ち雄大な梁組はいかにも名主層の建築を思わせる。


この記事の担当 (問い合わせ先)
社会教育課
〒399-4192
長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
TEL 0265-83-2111(代表)
FAX 0265-83-4348
電子メール syougai@city.komagane.nagano.jp

※「用語解説」のリンクは「Weblio辞書」のページに移動します。

建造物の記事一覧

駒ヶ根市役所
〒399-4192 長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
TEL 0265-83-2111(代表) FAX 0265-83-4348      【お問い合わせフォーム】
開庁時間 月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)
このウェブサイトについて | 著作権 | 免責事項 | 個人情報利用規程 | サイトマップ || 広告主募集
Copyright 2009 Komagane City. All Rights Reserved.