駒ヶ根市

光前寺の三門

タイトルなし

●指 定…市・有形文化財(平成23・12・27)
●所在地…赤穂北割二  ●所有者…光前寺

一階見上げ
一階見上げ
 山門は間口30尺(9.09m)の大規模な三間二重門で、入母屋造(いりもやづくり)、こけら葺である。文政元年(1818)に焼失し、嘉永元年(1848)に美濃国中津川の工匠横井和泉藤原栄忠によって再建されたことが棟札よりわかる。
 一階は、石造礎盤の上に円柱(粽(ちまき)付き)を立て、腰貫(こしぬき)二段、虹梁(こうりょう)(中備に蟇股(かえるまた))をいれ、頭貫(かしらぬき)(拳鼻(こぶしばな)付き)を通し、台輪を置く。組物は和様三手先の詰組で、軒は二軒繁垂木(しげだるき)とする。両脇に一間の袖塀をつけ、階段も左右対称に設ける。二階は、粽付きの円柱を立て、縁長押(なげし)・腰長押・内法長押を打ち、頭貫(拳鼻付き)を通し、台輪を置く。組物は尾垂木(おだるぎ)付きの三手先とする。軒は二軒扇垂木とし、妻飾りは虹梁大瓶束(こうりょうたいへいづか)で、懸魚(けぎょ)はかぶら懸魚とする。建具は中央の扉を両折の桟唐戸(さんからど)とし、両脇および側面は連子窓(れんじまど)(無双)とする。縁は腰組で支え、擬宝珠高欄(ぎぼしゅこうらん)をつける。二階内部には仏壇を造り、釈迦如来を中心に十六羅漢ほかの仏像を祀る。天井は折上の格天井とする。
 全体に彫刻は少なく、組物は三手先の詰組とし、重厚な感じを与え、また下層の軒は二軒繁垂木、上層は二軒扇垂木として変化を付けている。
 この三門は、光前寺の本堂への参道を区切る重要な建造物である。文政元年の焼失以前は二階建の鐘楼門(しょうろうもん)、嘉永元年の再建時は二階建の二重門で、いずれも二階建としているが、これは、参道の遠くから本堂を直接見ることが出来ないように視覚的に障壁として建てられたものとみられる。
 現在南信地区にある二重門の中では、最大の規模をもっている三門である。

この記事の担当 (問い合わせ先)
社会教育課
〒399-4192
長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
TEL 0265-83-2111(代表)
FAX 0265-83-4348
電子メール syougai@city.komagane.nagano.jp

※「用語解説」のリンクは「Weblio辞書」のページに移動します。

建造物の記事一覧

駒ヶ根市役所
〒399-4192 長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
TEL 0265-83-2111(代表) FAX 0265-83-4348      【お問い合わせフォーム】
開庁時間 月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)
このウェブサイトについて | 著作権 | 免責事項 | 個人情報利用規程 | サイトマップ || 広告主募集
Copyright 2009 Komagane City. All Rights Reserved.