駒ヶ根市

母子・父子家庭等支援

 詳細は 母子父子自立支援員(内線313)までお問い合わせください。

ひとり親家庭(母子・父子)び寡婦の生活全般及び悩み事相談


 ひとり親家庭(母子・父子)・寡婦の皆さんが抱えているいろいろな悩みごとの相談相手となり、問題解決のお手伝いを行います。
対象者実施日・時間場所利用料
母子・父子・寡婦家庭の母および父月曜日〜金曜日
午前8時30分〜午後5時30分
福祉課無料


母子寡婦 福祉資金貸付事業


 県の貸し付け制度の相談および貸付申請を行います。
対象者実施日場所利用料
母子・寡婦家庭随時福祉課


母子寡婦 福祉資金利子補給


 母子・寡婦家庭の安定を図るため、県が貸し付けを行う母子福祉資金および寡婦福祉資金の貸付を受けたものに対し、利子補給金を交付します。
対象者実施日場所利用料備考
母子・寡婦家庭毎年3月利子支払い総額の2/3以内


高等学校生徒等通学費補助


 母子および生活保護家庭で学校教育法第1条規定する高等学校または、同法82条の2に規定する専修学校に通学する生徒の保護者の負担を軽減を図るため、補助金を交付します。
対象者実施日場所利用料備考
◆母子および生活保護家庭
◆児童扶養手当または生活保護費支給家庭
◆自宅から高等学校などまでの通学距離が片道6キロ以上
毎年2月通学定期券の額の
1/3以内
生徒一人につき月額5,000円限度

参考


◆第一条  この法律で、学校とは、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、大学、高等専門学校、盲学校、聾学校、養護学校及び幼稚園とする。

◆第八十二条の二  第一条に掲げるもの以外の教育施設で、職業若しくは実際生活に必要な能力を育成し、又は教養の向上を図ることを目的として次の各号に該当する組織的な教育を行うもの(当該教育を行うにつき他の法律に特別の規定があるもの及び我が国に居住する外国人を専ら対象とするものを除く。)は、専修学校とする。
一  修業年限が一年以上であること。
二  授業時数が文部科学大臣の定める授業時数以上であること。
三  教育を受ける者が常時四十人以上であること。

母子家庭等就業支援


 母子家庭の母および父子家庭の父並びに寡婦の早期就職と就職後の職場定着の促進を図るため、福祉事務所において相談を受けた場合「母子家庭等相談カード」を作成し併せて本人に「求職登録申込書」の提出を求め管轄する就業支援員に連絡を行います。
対象者実施日場所利用料備考
母子・父子・寡婦の母及び父並びに寡婦随時福祉課無料


この記事の担当 (問い合わせ先)
福祉課
〒399-4192
長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
TEL 0265-83-2111(代表)
FAX 0265-83-8590
電子メール fukusi@city.komagane.nagano.jp

※「用語解説」のリンクは「Weblio辞書」のページに移動します。

母子・父子家庭支援の記事一覧

駒ヶ根市役所
〒399-4192 長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
TEL 0265-83-2111(代表) FAX 0265-83-4348      【お問い合わせフォーム】
開庁時間 月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)
このウェブサイトについて | 著作権 | 免責事項 | 個人情報利用規程 | サイトマップ || 広告主募集
Copyright 2009 Komagane City. All Rights Reserved.