駒ヶ根市

【 ふるさと寄附 】 制度概要

ふるさと寄附とは


 ふるさと寄附とは、自分の故郷や応援したい自治体に寄附ができる制度です。手続きをすると、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。また、寄附金の「使い道」が指定でき、お礼の品もいただける魅力的な仕組みとなっています。

(注)駒ヶ根市民が駒ヶ根市に対してふるさと寄附を行った場合、返礼品は発送しておりませんので、ご了承ください。

ふるさと寄附の魅力


1 返礼品がもらえる


 日本各地の名産品を楽しめるのも、ふるさと寄附の魅力のひとつです。多くの自治体では、寄附への感謝として、地域の名産品などを「返礼品」として寄附者に届けています。

2 税金が控除(還付)される


 ふるさと寄附では、控除上限額内で寄附を行うと、合計寄附額から2,000円を引いた額について、所得税と住民税から控除(還付)を受けることができます。控除上限額は、収入や家族構成によって異なりますのでご注意ください。

3 応援したい自治体に寄附ができる


 生まれ故郷でなくても、自分が応援したい自治体に寄附できるのがふるさと寄附です。寄附先の数や金額、回数に上限はなく、ご自身の控除上限額内であれば、実質2,000円の負担で複数の地域を応援できます。

4 寄附金の使い道を指定できる


 ふるさと寄附では、寄附金を自治体がどのように活用するのか、その用途を指定することができます。寄附金の使い道の観点から、寄附先の自治体を選ぶこともできます。

ふるさと寄附の仕組み


 ふるさと寄附は、自分が選んだ自治体に寄附を行うと、控除上限額内の2,000円を超える部分について税金が控除されます。税金控除を受けるためには、「確定申告」をするか「ワンストップ特例制度」の適用に関する申請が必要となります。

ワンストップ特例制度とは


 ワンストップ特例制度とは、年間の寄附先が5自治体までなら、確定申告をしなくても、寄附金控除が受けられる制度です。申請書を寄附した自治体に送ることで、控除上限額内で寄附した合計寄附額のうち2,000円を差し引いた額が、住民税から全額控除されます。

(注)確定申告を必要とする(自営業者、医療費控除などを受ける)方はご利用できません。


【ふるさと寄附】手続きの流れ(総務省HP)

【ふるさと寄附】控除額計算(総務省HP)

この記事の担当 (問い合わせ先)
企画振興課
〒399-4192
長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
TEL 0265-83-2111(代表)
FAX 0265-83-4348
電子メール kizai@city.komagane.nagano.jp

※「用語解説」のリンクは「Weblio辞書」のページに移動します。

ふるさと寄附の記事一覧

駒ヶ根市役所
〒399-4192 長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
TEL 0265-83-2111(代表) FAX 0265-83-4348      【お問い合わせフォーム】
開庁時間 月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)
このウェブサイトについて | 著作権 | 免責事項 | 個人情報利用規程 | サイトマップ || 広告主募集
Copyright 2009 Komagane City. All Rights Reserved.