駒ヶ根市

中央アルプスを活かした観光地再生プロジェクト~地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)~

1 制度の概要



2 駒ヶ根市の取り組み


中央アルプスを活かすための山岳施設・登山道整備事業


 駒ヶ根市では、中央アルプスの山岳関係施設の整備を進めることで、地元の雇用拡大や商品販売拡大効果を生み出し、地域経済を浮場させ、人口減少を克服し、将来にわたって活力のある駒ヶ根市の実現を目指します。

◆H28年度 登山道整備および登山道道標の作成
◆H29年度 登山道整備および事前調査
◆H30年度 檜尾避難小屋改修整備事業(予定)
◆H31年度 登山道整備(予定)

3 プロジェクトの全体像



4 プロジェクトの背景


 百名山である木曽駒ヶ岳と空木岳の間にある東川岳、熊沢岳、大滝山、檜尾岳、宝剣岳といった、標高2600m~2900mの山々の稜線を上り下りしながら縦走するルートはそれぞれのピークや縦走路から眺める景色の移り変わりが楽しめ、山岳関連書籍にも紹介されるような登山者に人気のルートであり、登山者が年々増加しています。
 この縦走路上の山小屋としては、乗越浄土にある宝剣山荘から空木岳直下にある木曽殿山荘があります。しかし、有人ではあるものの距離が8kmほどと長く、切り立った稜線や岩場などの難所も多いことから、高年齢者や初心者、女性といった比較的低体力の登山者には、1日で踏破することが難しく、容易に登山に訪れることができません。したがって、現状では豊かな自然や古代の地質形成の過程でつくり出された非日常的な空間など、中央アルプスの持つ資源を活かしきれていないといえます。
 このプロジェクトでは、縦走路のほぼ中間点にある檜尾避難小屋を改修し、登山シーズン中は有人化することにより、安心、安全な登山をより多くの皆様に楽しんでもらうためのプロジェクトです。

檜尾避難小屋

5 プロジェクトの応援方法


寄附の方法およびお申し込みはコチラ

6 寄附をいただいた企業のご紹介方法


 このプロジェクトの趣旨にご賛同いただき、ご寄付をいただきました企業の皆様を駒ヶ根市のホームページ、フェイスブック等の各広報媒体のほか、檜尾避難小屋の一画にネームプレートを設置し寄附企業名を紹介いたします。

(イメージ図)
イメージ図

この記事の担当 (問い合わせ先)
観光推進課
〒399-4192
長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
TEL 0265-83-2111(代表)
FAX 0265-83-4348
電子メール kankou@city.komagane.nagano.jp

※「用語解説」のリンクは「Weblio辞書」のページに移動します。

観光の記事一覧

駒ヶ根市役所
〒399-4192 長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
TEL 0265-83-2111(代表) FAX 0265-83-4348      【お問い合わせフォーム】
開庁時間 月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)
このウェブサイトについて | 著作権 | 免責事項 | 個人情報利用規程 | サイトマップ || 広告主募集
Copyright 2009 Komagane City. All Rights Reserved.