駒ヶ根市

伊南バイパス(一般国道153号)

「伊南バイパス」供用前の問題点


 一般国道153号は、名古屋市から塩尻市を結ぶ延長約220kmの広域幹線道路であるとともに、伊那谷を南北に縦貫し中央自動車道の代替機能を有する伊那谷の生命線です。また、この地域においては、駒ヶ根市、飯島町の中心市街地を貫く重要な生活道路の役割も果たしています。
 上伊那地域における産業や観光の大きな核の一つであるこの地域は、モータリゼーションの急激な発達と精密機械産業などの集積による交通量の増加により、朝夕の通勤時間を中心に市街地部を中心に慢性的な渋滞が問題となっていました。また、大型ショッピングセンターなどの相次ぐ出店により、休日の生活交通の増加が著しく、観光交通とあわさって、休日においても渋滞が問題となっていました。
 駒ヶ根市赤穂と駒ヶ根市中央の間の交通量は16,800台/日(平成11年調査)で、渋滞の影響により、平日ピーク時の平均最高速度が約25km/h(平成11年道路交通センサス)と他地域より遅く、一般生活だけでなく、救急車や消防車など緊急自動車の活動も妨げられていました。

「伊南バイパス」開通により期待される効果


市街地環境の改善(渋滞や騒音の緩和)


伊南バイパスの開通により、通過交通と域内交通の分離が図られ市街地の渋滞が緩和されます。

安全で安心できる暮らしの確保


安全性の高い道路構造と交通容量の増大により、人や車が安心して通行できます。

「伊南バイパス」整備事業経緯


平成3年度〜平成4年度幹線道路整備計画調査
平成5年度〜平成6年度直轄国道計画調査(概略設計)
平成7年度〜平成8年度直轄国道実施調査(予備設計)
平成9年度事業着手
平成9年7月都市計画決定
平成10年用地買収着手
平成13年工事着手
平成16年3月暫定供用 琴平町〜中通り入口
平成19年12月暫定供用 中通り入口〜福岡南
平成24年12月暫定供用 飯島町本郷〜石曾根
平成26年11月暫定供用 石曾根〜田切中央
現在飯島工区を建設中


「伊南バイパス」構造規格


区間駒ヶ根市赤穂
〜上伊那郡飯島町本郷
延長9.2km
標準幅員28m
道路の区分3種 2級
道路速度60km
車線数4車線

暫定供用された伊南バイパス
暫定供用された伊南バイパス


事業の詳細


詳細は国土交通省 中部地方整備局 飯田国道事務所ウェブサイトをご覧ください。

この記事の担当 (問い合わせ先)
建設課
〒399-4192
長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
TEL 0265-83-2111(代表)
FAX 0265-83-4348
電子メール doboku@city.komagane.nagano.jp

※「用語解説」のリンクは「Weblio辞書」のページに移動します。

道路・公園の記事一覧

駒ヶ根市役所
〒399-4192 長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
TEL 0265-83-2111(代表) FAX 0265-83-4348      【お問い合わせフォーム】
開庁時間 月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)
このウェブサイトについて | 著作権 | 免責事項 | 個人情報利用規程 | サイトマップ || 広告主募集
Copyright 2009 Komagane City. All Rights Reserved.