駒ヶ根市

高額な外来診療・入院をされる皆様へ

 高額な外来診療や入院をした時に、「後期高齢者医療被保険者証」および「限度額適用・標準負担額減額認定証」を提示することで、限度額(下の表参照)を超える分を窓口で支払う必要がなくなります。

限度額適用・標準負担額減額認定証


 「限度額適用・標準負担額減額認定証」は、非課税世帯の人、もしくは現役並所得者で課税標準額が145万円から690万円未満までの人に交付されます。事前に申請していただく必要がありますので、詳しくは市民課国保医療係までご相談ください。

自己負担限度額(1カ月の医療費)


所得区分外来(個人単位)の
自己負担限度額【A】
入院+外来(世帯単位)の
自己負担限度額【B】
課税所得690万円以上252,600円+(医療費総額-842,000円)×1%
【140,100円】(注3)
課税所得380万円以上167,400円+(医療費総額-558,000円)×1%
【93,000円】(注3)
課税所得145万円以上80,100円+(医療費総額-267,000円)×1%
【44,400円】(注3)
一般18,000円(注2)57,600円
【44,400円】(注1)
区分II (注4)8,000円24,600円
区分I (注5)8,000円15,000円
 (注1)過去12ヶ月以内に【B】の限度額を超えた支給が4回以上あった場合の4回目以降の限度額です。
 (注2)年間(8月~翌年7月)の限度額は144,000円です(一般、区分I・IIだった月の外来自己負担額の合計の限度額です。)
 (注3)過去12ヶ月以内に限度額を超えた高額療養費の支給が4回以上あった場合の4回目以降の限度額です。
 (注4)同一世帯の全員が市民税非課税である人(区分I以外)
 (注5)同一世帯の全員が市民税非課税で、それぞれの各収入等から必要経費・控除(年金の所得は、控除額を80万円として計算)を差し引いたときに0円となる方


限度額適用・標準負担額減額認定証を提示しなかった場合など


 窓口負担額が限度額を超えて支払った該当者には、長野県後期高齢者医療広域連合から高額療養費申請のお知らせをします。被保険者の申請により、差額を後日指定口座に振り込みします。申請が必要となるのは初回のみで、以降生じた高額療養費は、申請口座に振り込まれます。

制度全般については、厚生労働省のホームページをご覧ください。


この記事の担当 (問い合わせ先)
市民課
〒399-4192
長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
TEL 0265-83-2111(代表)
FAX 0265-83-4348
電子メール simin@city.komagane.nagano.jp

※「用語解説」のリンクは「Weblio辞書」のページに移動します。

後期高齢者医療制度の記事一覧

駒ヶ根市役所
〒399-4192 長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
TEL 0265-83-2111(代表) FAX 0265-83-4348      【お問い合わせフォーム】
開庁時間 月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)
このウェブサイトについて | 著作権 | 免責事項 | 個人情報利用規程 | サイトマップ || 広告主募集
Copyright 2009 Komagane City. All Rights Reserved.