駒ヶ根市

友好都市・国際協力友好都市

静岡県磐田市


磐田スポーツ交流プラザ
磐田スポーツ交流プラザ
 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)「ジュビロ磐田」のホームタウンとして有名な磐田市とは、昭和42年1月12日に「早太郎伝説(磐田市では悉平太郎伝説)」を縁に友好都市提携をしました。
 磐田市の歴史は古く、奈良時代には国府・国分寺が置かれ、江戸時代には東海道五十三次の見附宿として繁栄してきました。
 現在は、自動車やオートバイ、楽器、金属などの工業都市として発展を続けており、製造品出荷額などは、静岡県内でトップクラスとなっています。
 農業や水産業も盛んで、静岡県内で有数の農業生産額を誇っています。農産物では、温室メロンやお茶、白ネギ、海老芋、チンゲン菜、海産物では、遠州灘のシラスやトラフグなどが有名です。
 平成17年4月には、磐田市・福田町・竜洋町・豊田町・豊岡村が合併して、新しい磐田市が誕生しました。

早太郎伝説


光前寺にある早太郎像
光前寺にある早太郎像
 今から約700年前、光前寺に「早太郎」という大変強い山犬が飼われていました。同じころ遠州府中(現在の静岡県磐田市)の見付天神社では、毎年行われる祭りの夜に、1人の子女を神前に人身御供として差し出す悲しい習わしが行われていました。
 この話を聞いた旅の社僧一実坊弁存は、神仏に祈願して祭りの様子をさぐり、子女をさらう怪物(ヒヒ)が光前寺の早太郎を恐れていることを知りました。弁在は、信州信濃の光前寺を訪れ、早太郎を借り、見付天神社に連れて行きました。
 祭りの夜、子女の代わりとなった早太郎は、怪物を退治し、村の災難を取り除きました。
 弁在は、この恩に報いるため、大般若経を書き写し、見付天神社から光前寺へ奉納しました。
 以来、早太郎こそ不動明王の化身であり、災難除け、厄除けの霊犬として広く信仰を集め、今もなお磐田市からの参拝が続けられています。
 磐田市では、早太郎のことを「悉平太郎」と呼んでいます。

リンク


静岡県磐田市


福島県二本松市


霞ヶ城箕輪門
霞ヶ城箕輪門
 二本松市と駒ヶ根市には、独立行政法人国際協力機構(JICA)の青年海外協力隊訓練所があります。このことを縁に平成12年5月29日に友好都市提携しました。
 平成17年12月には、二本松市・安達町・岩代町・東和町が合併して、新しい二本松市が誕生。西に安達太良山、中央に阿武隈川、東に富士山が見える北限の日山を望むことができる広く大きな二本松市として生まれ変わりました。
 江戸時代には、二本松城(霞ヶ城)に丹羽光重が入場し、二本松藩十万七百石の城下町として繁栄し、現在の市街地の原型を形成しました。
 菊人形や二本松城で有名な二本松市ですが、彫刻家・詩人として有名な高村光太郎の詩集「智恵子抄」でも知られる光太郎の妻智恵子のふるさととしても知られています。

リンク


福島県二本松市


ネパール・ポカラ市


マチャプチャレ
マチャプチャレ
 ネパール・ポカラ市は、首都カトマンドゥから約200キロメートル西に位置する人口約20万人の都市です。標高は800メートルで、亜熱帯性気候。年間降水量は3,000ミリを超えます。真冬でも最低気温が7度と暖かい気候です。
 駒ヶ根市に青年海外協力隊訓練所があることから、隊員活動の支援や中学生を派遣するなど、ネパールと交流を重ねてきました。平成13年4月18日、このつながりを縁に山岳観光都市という共通点があることから、国際協力友好都市協定を結びました。
 霊峰マチャプチャレに代表されるアンナプルナ連峰や、その山並みが映えるフェワ湖、国際山岳博物館など観光資源が豊富で、世界各国から観光客が訪れます。

リンク


ネパール連邦民主共和国ポカラ市(フェイスブックページに移動します)

この記事の担当 (問い合わせ先)
企画振興課
〒399-4192
長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
TEL 0265-83-2111(代表)
FAX 0265-83-4348
電子メール kizai@city.komagane.nagano.jp

※「用語解説」のリンクは「Weblio辞書」のページに移動します。

市の情報の記事一覧

駒ヶ根市役所
〒399-4192 長野県駒ヶ根市赤須町20番1号
TEL 0265-83-2111(代表) FAX 0265-83-4348      【お問い合わせフォーム】
開庁時間 月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)
このウェブサイトについて | 著作権 | 免責事項 | 個人情報利用規程 | サイトマップ || 広告主募集
Copyright 2009 Komagane City. All Rights Reserved.